2005.04.06

ここまで進化した消化管内視鏡 「日経メディカル4月号特別編集版」より

 日経メディカル4月号特別編集版は、消化管疾患診療の最新トレンドがテーマです。このうち、リポート「ここまで進化した消化管内視鏡」では、消化管内視鏡分野の最近の進歩を、診断編と治療編に分けて取り上げています。

 診断編のトピックスは、内視鏡の到達が困難なことから、暗黒大陸とも称された小腸に内視鏡の光が当たってきたことです。ダブルバルーン内視鏡とカプセル内視鏡という二つの新技術が相次いで登場し、小腸疾患の全貌が徐々に明らかになってきています。

 治療編のトピックスは、これまでスネアという輪状の針金の直径に制約されていた内視鏡的粘膜切除術(EMR)の変貌です。特殊なナイフを用いて粘膜下層を切開・剥離する内視鏡的粘膜切開剥離術(ESD)の登場で、以前よりも広い病変が一度に切除できるようになりました。詳細は日経メディカル4月号特別編集版をご覧ください。

 MedWaveでは、特別編集版の発刊と連動して、内視鏡検査および治療の様子を撮影した動画をご覧いただけます。カプセル内視鏡の画像は大阪市立大学付属病院内視鏡センター助手の斯波将次氏、それ以外の動画は、自治医科大学消化器内科講師の山本博徳氏のご提供です。(小又理恵子)

カプセル内視鏡による検査の様子(専用ワークステーションにより
動画に変換された連続写真像、小腸内の出血)








短縮版(4秒、約150Kバイト)
通常版(20秒、約630Kバイト)


ダブルバルーン内視鏡による検査の様子(X線透視像、横行結腸から肝
湾曲、上行結腸を経て回盲弁に到達するまで)


 





短縮版(7秒、約1.3Mバイト)
通常版(40秒、約7Mバイト)


内視鏡的粘膜切開剥離術(ESD)の施行画面(大腸内の病変をニードル
ナイフを用いて切開・剥離する)


 





短縮版(30秒、約5.2Mバイト)
通常版(3分40秒、約38Mバイト)


■ 関連トピックス ■
◆2005.5.31 消化器内視鏡学会速報】オリンパスが開発中のカプセル内視鏡画像が本邦初公開 誰も見たことがない小腸の微細構造を観察可能
◆2005.6.13 オリンパスが開発中のカプセル内視鏡動画を本邦初公開 さざめく小腸絨毛映し出す鮮明画像に期待高まる
◆2005.10.27 DDW-Japan2005速報】1人でできるダブルバルーン内視鏡検査の試み
◆2005.10.28 1人でもできるダブルバルーン内視鏡検査の動画を公開 小腸内視鏡検査の「標準」目指し自治医大で改良進む
◆2005.12.9 ギブン社のカプセル内視鏡、最新版の動画を公開 解析ソフトなどの進歩で、自然で鮮明な画像を実現

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:2
  2. 手術で体重3割減、合併する糖尿病も高率で寛解 トレンド◎肥満外科治療が日本でも普及の兆し FBシェア数:204
  3. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  4. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:134
  6. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
  7. 悩ましい新・看護必要度、先進病院の対策は? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  8. 7対1看護から降りる病院、現場から反発も 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《2》 FBシェア数:151
  9. 小児急性中耳炎診療にある小児科と耳鼻咽喉科のギャ… 学会トピック◎第13回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 FBシェア数:10
  10. 眼科専攻医登録数、愛知県の人数はなぜ突然変わった… ニュース追跡◎専門医機構の内部資料から見えてきたこと FBシェア数:47
医師と医学研究者におすすめの英文校正