2005.04.06

【裁かれたカルテ】 被告席の医師は何を思うのか その2 「正しい判例を勝ち取るためにも示談にすべきではない」

■被告というレッテルがこたえる■

 裁判所から通知が届く以前に、W.D氏は新聞記者の電話取材で自分自身が提訴されたことを知った。

 「改めて勉強し直してみて、自分の処置法を振り返ってみても、特段の過ちはなかったと思っていました。それならば亡くなった方も分かってくれただろうと考えていたわけです。そこへ取材です。青天のへきれきでした。『訴状が出ていますが、先生はどうなさいますか』と尋ねられました。これに対しては、『訴状を見てみないとなんとも分からんけれども、私は医学的には間違ったことはしていないと思う。だから、もうこれは裁判の上で間違いなかったと立証していかなければしょうがないと思う。そのことが亡くなった方に対する冥福を祈ることにもなる』。そんなコメントをしたと思います」。

 新聞には実名が載った。「被告W.D氏。この被告という呼び方がやっぱりこたえましたね。刑事訴訟と民事訴訟の区別が私たちには分からない。今まで聞いている被告というのはすべて刑事訴訟における被告、つまり罪人という理解だったんです。私は罪は犯していないんだという自信があるのに、被告というレッテルを張られ、世間も被告という目で見るんです。刑事訴訟の被告しか頭にないから、罪人というイメージしかない。そういう立場に私を立たせたという思いがあって余計にショックでした」。

 新聞に記事が出た後、W.D氏あてに非難の電話が殺到したという(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正