2005.04.04

被告席の医師は何を思うのか その3

■私の主張を「うそでたらめ」と言われた■

 W.D氏は2人の弁護士を代理人に迎え裁判に臨んだ。

 「裁判の日には、ほとんど足を運びました。弁護士さんが裁判官の心証という面があるから出た方がいいと言ってくれたからです。そうしないと、相手方の訴状だけで判断すると、私がどれほどかひどい極悪人かという印象を受けるとも言われた。いいかげんなやつだとか思われてしまう。それが、やっぱり直接顔を見ると、ああこいつはこんな人間なのか、というのが分かるはずです」。

 ただ、裁判が15年と長期に渡ったため、裁判官が何人替わったか分からないほどだったという。「心証のことは書き送りしないだろうから、残念ですよね」。

 訴状に対しては、とても腹に据えかねたというW.D氏。「準備書面でも、私の主張はうそである、とか、でたらめであるとかしか書いていない。これが私はものすごく腹に据えかねました。だからこちらが準備書面を作るときは、とても疲れるのです。本当に腹が立つから」。 

 「私は法廷で一番最初に宣誓しているわけですよ。うそ偽りは申しませんと。だから、私は法廷でうそ偽りは言っていない。それを相手方はうそである、でたらめであるといってくる。私は何度弁護士さんにお願いしたか分かりません。私をうそつき呼ばわりするのは無礼だ、法廷侮辱じゃないかと言わせて欲しいと」(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 疼痛治療薬が効果なし…メンタルと思いきや 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:0
  2. 研修医が意識しておくべき最低限の心構えとは イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:240
  3. 45歳男性。自力で動けない。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  4. かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は… 特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《5》 FBシェア数:53
  5. 腎機能を確認せずに造影CTを行うのは罪? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:164
  6. 見えにくい静脈への穿刺を助ける新兵器 リポート【動画付き】◎血管可視化装置の使い勝手は? FBシェア数:102
  7. 私、モンスターペイシェント? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:172
  8. 肺癌見落としで40代女性死亡、河北健診クリニック 河北医療財団「係争化はしていない。遺族と協議中」 FBシェア数:75
  9. メジャー疾患のガイドライン改訂が目白押し 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:0
  10. N95マスクは何度まで使えるのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正