2005.04.04

被告席の医師は何を思うのか その3

■私の主張を「うそでたらめ」と言われた■

 W.D氏は2人の弁護士を代理人に迎え裁判に臨んだ。

 「裁判の日には、ほとんど足を運びました。弁護士さんが裁判官の心証という面があるから出た方がいいと言ってくれたからです。そうしないと、相手方の訴状だけで判断すると、私がどれほどかひどい極悪人かという印象を受けるとも言われた。いいかげんなやつだとか思われてしまう。それが、やっぱり直接顔を見ると、ああこいつはこんな人間なのか、というのが分かるはずです」。

 ただ、裁判が15年と長期に渡ったため、裁判官が何人替わったか分からないほどだったという。「心証のことは書き送りしないだろうから、残念ですよね」。

 訴状に対しては、とても腹に据えかねたというW.D氏。「準備書面でも、私の主張はうそである、とか、でたらめであるとかしか書いていない。これが私はものすごく腹に据えかねました。だからこちらが準備書面を作るときは、とても疲れるのです。本当に腹が立つから」。 

 「私は法廷で一番最初に宣誓しているわけですよ。うそ偽りは申しませんと。だから、私は法廷でうそ偽りは言っていない。それを相手方はうそである、でたらめであるといってくる。私は何度弁護士さんにお願いしたか分かりません。私をうそつき呼ばわりするのは無礼だ、法廷侮辱じゃないかと言わせて欲しいと」(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198