2005.04.04

【裁かれたカルテ】 被告席の医師は何を思うのか

 医師と患者の信頼関係が崩れたとき、医事紛争が発生しうる。患者にとっても医師にとっても悲劇以外のなにものでもないドラマが、そこから繰り広げられる。容赦なく被告席に座らされた医師は、そのとき何を感じたのか−−。

 かつて、15年もの長い間、被告の席に座り続けた医師にインタビューしたことがある。W.D氏。現在は九州のとある町で産婦人科病院を開業している。

 W.D氏の自宅を訪ねたとき、15年間の苦闘の跡が部屋の片隅に残されていた。ほこりをかぶった日本語のタイプライター。本棚には、収容し切れないほどの資料ファイルが並ぶ。裁判所に提出した答弁書や準備書面の数々、さらには裁判に必要だった文献が綴じ込んである。聞くと、奥の部屋に、まだ倍以上の資料が残っていた。

 これらの資料の一つひとつが、W.D氏の痛憤の思いを語っていた。

■提訴に「憤まんやるかたないという気持ち」■

 提訴は1973年の6月。Yさんが亡くなったのは72年の10月だったが、死亡後は73年の6月近くまで何も連絡はなかったという。

 同じ年の4月。近隣の医師が提訴され、そのことが新聞で報じられた。「これも1つのきっかけだったと思うのですが、5月末ぐらいに死亡診断書がほしいとみえたのです」(W.D氏)。

 死亡診断書を発行した後、まもなくして裁判となってしまった。

 亡くなったYさんは、以前もW.D氏のところでお産を経験していた。前回は妊娠中毒症に前置胎盤が重なり、新生児は近くの公的病院に移され治療を受けたが、死亡している。

 「2回目に尋ねてきたとき、前回が妊娠中毒症だったからずいぶん注意して診ていました。中毒症の症状もなく推移していたのですが、72年の10月6日の晩に出血が起こって、今回も前置胎盤で、いろいろ手を尽くしたのですが、母親が亡くなられた。赤ちゃんは助かったのですが、母親は子癇ショックによる死亡でした」。

 73年の6月の提訴後、2、3日遅れて裁判所からの通知がW.D氏のもとに届いた(詳細は有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」へ)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13