2005.04.01

青森県、公衆衛生医師を募集

 青森県は、県の職員として採用する公衆衛生医師を募集している。採用予定人数は約2人。受付期間は、2005年4月25日まで(必着)。

 受験資格は、昭和25年4月2日以降に生まれた人、医師の免許がある人、臨床経験(臨床研修を含む)が6年以上ある人など。

 試験の方法は、主として人物について面接により試験を行う。日時は、2005年5月11日(水)。場所は、青森県庁北棟(青森市新町2-4-30)。

 申し込み方法は、市販の履歴書と医師免許証の写しを青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループまで提出する。

 履歴書の記入に際しての注意事項は以下の通り。
(1)顔写真を貼付する。
(2)学歴(小学校以上を年代順に記入する)、職歴及び賞罰の有無を記入する。
(3)連絡先の住所、郵便番号及び電話番号を記入する。
(4)履歴書の左上余白に「公衆衛生医師受験希望」と明記する。
(5)郵送の場合は、封筒の表に「公衆衛生医師受験希望」と朱書する。

 合格者は、原則として2005年6月1日付けで採用する予定。 なお、給与などについては、「職員の給与に関する条例」の規定によって、学歴、職歴等から給与を決定する。6年制大学卒業後6年の臨床経験がある人で67万円程度(初任給調整手当、診療手当、調整手当を含む)だという(ただし、2005年度は給料月額の3〜4%が減額)。このほか支給要件に応じて、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当などが支給される。

 申し込み問い合わせは、青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループ(〒0303−8570 青森市長島1丁目1−1、TEL:017-722-1111、内線6210)まで。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:144
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:4
  3. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1
  4. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:96
  5. 貯金?最悪!元本保証の呪縛から解き放たれよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  6. 「落ちこぼれ研修医が後輩に対してメンツを保つには… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:4
  7. 新専門医制度、8月の専攻医募集開始に向け運用細則… 大都市の5都府県は定員に上限 FBシェア数:54
  8. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  9. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1837