2005.04.01

青森県、公衆衛生医師を募集

 青森県は、県の職員として採用する公衆衛生医師を募集している。採用予定人数は約2人。受付期間は、2005年4月25日まで(必着)。

 受験資格は、昭和25年4月2日以降に生まれた人、医師の免許がある人、臨床経験(臨床研修を含む)が6年以上ある人など。

 試験の方法は、主として人物について面接により試験を行う。日時は、2005年5月11日(水)。場所は、青森県庁北棟(青森市新町2-4-30)。

 申し込み方法は、市販の履歴書と医師免許証の写しを青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループまで提出する。

 履歴書の記入に際しての注意事項は以下の通り。
(1)顔写真を貼付する。
(2)学歴(小学校以上を年代順に記入する)、職歴及び賞罰の有無を記入する。
(3)連絡先の住所、郵便番号及び電話番号を記入する。
(4)履歴書の左上余白に「公衆衛生医師受験希望」と明記する。
(5)郵送の場合は、封筒の表に「公衆衛生医師受験希望」と朱書する。

 合格者は、原則として2005年6月1日付けで採用する予定。 なお、給与などについては、「職員の給与に関する条例」の規定によって、学歴、職歴等から給与を決定する。6年制大学卒業後6年の臨床経験がある人で67万円程度(初任給調整手当、診療手当、調整手当を含む)だという(ただし、2005年度は給料月額の3〜4%が減額)。このほか支給要件に応じて、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当などが支給される。

 申し込み問い合わせは、青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループ(〒0303−8570 青森市長島1丁目1−1、TEL:017-722-1111、内線6210)まで。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172