2005.04.01

青森県、公衆衛生医師を募集

 青森県は、県の職員として採用する公衆衛生医師を募集している。採用予定人数は約2人。受付期間は、2005年4月25日まで(必着)。

 受験資格は、昭和25年4月2日以降に生まれた人、医師の免許がある人、臨床経験(臨床研修を含む)が6年以上ある人など。

 試験の方法は、主として人物について面接により試験を行う。日時は、2005年5月11日(水)。場所は、青森県庁北棟(青森市新町2-4-30)。

 申し込み方法は、市販の履歴書と医師免許証の写しを青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループまで提出する。

 履歴書の記入に際しての注意事項は以下の通り。
(1)顔写真を貼付する。
(2)学歴(小学校以上を年代順に記入する)、職歴及び賞罰の有無を記入する。
(3)連絡先の住所、郵便番号及び電話番号を記入する。
(4)履歴書の左上余白に「公衆衛生医師受験希望」と明記する。
(5)郵送の場合は、封筒の表に「公衆衛生医師受験希望」と朱書する。

 合格者は、原則として2005年6月1日付けで採用する予定。 なお、給与などについては、「職員の給与に関する条例」の規定によって、学歴、職歴等から給与を決定する。6年制大学卒業後6年の臨床経験がある人で67万円程度(初任給調整手当、診療手当、調整手当を含む)だという(ただし、2005年度は給料月額の3〜4%が減額)。このほか支給要件に応じて、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当などが支給される。

 申し込み問い合わせは、青森県健康福祉部健康福祉政策課総務グループ(〒0303−8570 青森市長島1丁目1−1、TEL:017-722-1111、内線6210)まで。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43