2005.03.31

パソコンのマウスを使う時、手がふるえて困っていませんか? IBM開発の手ぶれ防止アダプター、英社が発売

 英Montrose Secam社は3月14日、手のふるえに悩むユーザーでも楽にパソコンを操作できる新型マウス・アダプター「Assistive Mouse Adapter」を発売した。同社のWebサイトから購入できる。本アダプターは米IBM社が開発し、Montrose Secam社にライセンス供与したもの。日本向けの価格は送料込みで1万円強。

 IETFによれば、米国では1000万人近くの人々が、はっきりした原因がないのに手がふるえる「本態性振戦」に苦しんでいるという。日本では、40歳以上の約6%にこの症状が見られるという報告がある。

 本態性振戦では、字を書くときや箸で物をつかむ時にふるえが起こる。安静時はふるえが出ないのに、何かの姿勢を取った時や動作をしようとした時に、一定のリズムで規則的にふるえるのが特徴だ。遺伝することもあり、家族性あるいは遺伝性振戦と呼ばれることもある。この症状があるユーザーは、マウスを操作しようとすると無意識に手が動くため、パソコンを操作するのが極めて困難になる。

 Assistive Mouse Adapterは、カメラ・レンズ用の手ぶれ防止装置と同様の仕組みで、細かい振動を伝達しないようにする。使い方は簡単でパソコンとマウスの間に接続するだけ。特別なソフトは必要ない。ふるえの度合いに応じた設定ができる。

 日本IBMのプレスリリースはこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0