2005.03.31

パソコンのマウスを使う時、手がふるえて困っていませんか? IBM開発の手ぶれ防止アダプター、英社が発売

 英Montrose Secam社は3月14日、手のふるえに悩むユーザーでも楽にパソコンを操作できる新型マウス・アダプター「Assistive Mouse Adapter」を発売した。同社のWebサイトから購入できる。本アダプターは米IBM社が開発し、Montrose Secam社にライセンス供与したもの。日本向けの価格は送料込みで1万円強。

 IETFによれば、米国では1000万人近くの人々が、はっきりした原因がないのに手がふるえる「本態性振戦」に苦しんでいるという。日本では、40歳以上の約6%にこの症状が見られるという報告がある。

 本態性振戦では、字を書くときや箸で物をつかむ時にふるえが起こる。安静時はふるえが出ないのに、何かの姿勢を取った時や動作をしようとした時に、一定のリズムで規則的にふるえるのが特徴だ。遺伝することもあり、家族性あるいは遺伝性振戦と呼ばれることもある。この症状があるユーザーは、マウスを操作しようとすると無意識に手が動くため、パソコンを操作するのが極めて困難になる。

 Assistive Mouse Adapterは、カメラ・レンズ用の手ぶれ防止装置と同様の仕組みで、細かい振動を伝達しないようにする。使い方は簡単でパソコンとマウスの間に接続するだけ。特別なソフトは必要ない。ふるえの度合いに応じた設定ができる。

 日本IBMのプレスリリースはこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  2. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:298
  3. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:6
  5. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:337
  6. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1396
  7. 特発性喀血症、知っていますか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:72
  8. 投与量調節の必要がない帯状疱疹治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:317
  9. 日医も警戒する「新型多機能サービス」の正体 記者の眼 FBシェア数:18
  10. 自身の認知症予防のために取り組んでいること 医師1000人に聞きました FBシェア数:4