2005.03.31

パソコンのマウスを使う時、手がふるえて困っていませんか? IBM開発の手ぶれ防止アダプター、英社が発売

 英Montrose Secam社は3月14日、手のふるえに悩むユーザーでも楽にパソコンを操作できる新型マウス・アダプター「Assistive Mouse Adapter」を発売した。同社のWebサイトから購入できる。本アダプターは米IBM社が開発し、Montrose Secam社にライセンス供与したもの。日本向けの価格は送料込みで1万円強。

 IETFによれば、米国では1000万人近くの人々が、はっきりした原因がないのに手がふるえる「本態性振戦」に苦しんでいるという。日本では、40歳以上の約6%にこの症状が見られるという報告がある。

 本態性振戦では、字を書くときや箸で物をつかむ時にふるえが起こる。安静時はふるえが出ないのに、何かの姿勢を取った時や動作をしようとした時に、一定のリズムで規則的にふるえるのが特徴だ。遺伝することもあり、家族性あるいは遺伝性振戦と呼ばれることもある。この症状があるユーザーは、マウスを操作しようとすると無意識に手が動くため、パソコンを操作するのが極めて困難になる。

 Assistive Mouse Adapterは、カメラ・レンズ用の手ぶれ防止装置と同様の仕組みで、細かい振動を伝達しないようにする。使い方は簡単でパソコンとマウスの間に接続するだけ。特別なソフトは必要ない。ふるえの度合いに応じた設定ができる。

 日本IBMのプレスリリースはこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124