2005.03.31

パソコンのマウスを使う時、手がふるえて困っていませんか? IBM開発の手ぶれ防止アダプター、英社が発売

 英Montrose Secam社は3月14日、手のふるえに悩むユーザーでも楽にパソコンを操作できる新型マウス・アダプター「Assistive Mouse Adapter」を発売した。同社のWebサイトから購入できる。本アダプターは米IBM社が開発し、Montrose Secam社にライセンス供与したもの。日本向けの価格は送料込みで1万円強。

 IETFによれば、米国では1000万人近くの人々が、はっきりした原因がないのに手がふるえる「本態性振戦」に苦しんでいるという。日本では、40歳以上の約6%にこの症状が見られるという報告がある。

 本態性振戦では、字を書くときや箸で物をつかむ時にふるえが起こる。安静時はふるえが出ないのに、何かの姿勢を取った時や動作をしようとした時に、一定のリズムで規則的にふるえるのが特徴だ。遺伝することもあり、家族性あるいは遺伝性振戦と呼ばれることもある。この症状があるユーザーは、マウスを操作しようとすると無意識に手が動くため、パソコンを操作するのが極めて困難になる。

 Assistive Mouse Adapterは、カメラ・レンズ用の手ぶれ防止装置と同様の仕組みで、細かい振動を伝達しないようにする。使い方は簡単でパソコンとマウスの間に接続するだけ。特別なソフトは必要ない。ふるえの度合いに応じた設定ができる。

 日本IBMのプレスリリースはこちらで入手できる。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385