2005.03.31

つわりで制吐剤を処方された妊婦

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 妊娠3カ月の21歳の女性Tさんが、産婦人科を受診した帰りに、処方せんを持って薬局を訪れました。Tさんはぐったりとした様子で、次のような質問をしました。

 つわりがひどく、1日に何回も吐いてしまいます。脱水症状があるとのことで、何度か点滴を受けているのですが、今日は吐き気止めのお薬も出されました。もともと胃腸が弱く、学生時代によくナウゼリンを飲んでいたと先生に伝えたのですが、出されたのは違うお薬のようです。赤ちゃんへの影響が心配です。それから、赤ちゃんのためにも食べなければいけないと思うのですが、気持ちが悪く何も食べたくありません。どうしたらよいでしょうか。

■処方せん
(1)プリンペラン錠(5mg) 3錠
 分3 毎食前 5日分

Q1 医師がナウゼリン(一般名:ドンペリドン)ではなく、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)を処方したのはなぜか。

Q2 妊娠初期のつわりがひどい時の食事指導として、次のどれが適切か。
(1) たくさんの栄養を必要とする時期なので、無理をしてでもバランスの取れた食事をした方がよい。
(2) 食べたい時に食べたい物を少しずつ食べた方がよい。
(3) 冷たい物より温かい物を食べた方がよい。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:29
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:470
  5. 8歳男児。主訴:血尿の精査 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. 常に良き観察者たれ!見えないものに目を向けろ 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:113
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1
  9. 注射器片手に「HIV陽性よ!」と叫ぶ患者 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:2
  10. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:150