2005.03.31

つわりで制吐剤を処方された妊婦

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 妊娠3カ月の21歳の女性Tさんが、産婦人科を受診した帰りに、処方せんを持って薬局を訪れました。Tさんはぐったりとした様子で、次のような質問をしました。

 つわりがひどく、1日に何回も吐いてしまいます。脱水症状があるとのことで、何度か点滴を受けているのですが、今日は吐き気止めのお薬も出されました。もともと胃腸が弱く、学生時代によくナウゼリンを飲んでいたと先生に伝えたのですが、出されたのは違うお薬のようです。赤ちゃんへの影響が心配です。それから、赤ちゃんのためにも食べなければいけないと思うのですが、気持ちが悪く何も食べたくありません。どうしたらよいでしょうか。

■処方せん
(1)プリンペラン錠(5mg) 3錠
 分3 毎食前 5日分

Q1 医師がナウゼリン(一般名:ドンペリドン)ではなく、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)を処方したのはなぜか。

Q2 妊娠初期のつわりがひどい時の食事指導として、次のどれが適切か。
(1) たくさんの栄養を必要とする時期なので、無理をしてでもバランスの取れた食事をした方がよい。
(2) 食べたい時に食べたい物を少しずつ食べた方がよい。
(3) 冷たい物より温かい物を食べた方がよい。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130