2005.03.31

つわりで制吐剤を処方された妊婦

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 妊娠3カ月の21歳の女性Tさんが、産婦人科を受診した帰りに、処方せんを持って薬局を訪れました。Tさんはぐったりとした様子で、次のような質問をしました。

 つわりがひどく、1日に何回も吐いてしまいます。脱水症状があるとのことで、何度か点滴を受けているのですが、今日は吐き気止めのお薬も出されました。もともと胃腸が弱く、学生時代によくナウゼリンを飲んでいたと先生に伝えたのですが、出されたのは違うお薬のようです。赤ちゃんへの影響が心配です。それから、赤ちゃんのためにも食べなければいけないと思うのですが、気持ちが悪く何も食べたくありません。どうしたらよいでしょうか。

■処方せん
(1)プリンペラン錠(5mg) 3錠
 分3 毎食前 5日分

Q1 医師がナウゼリン(一般名:ドンペリドン)ではなく、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)を処方したのはなぜか。

Q2 妊娠初期のつわりがひどい時の食事指導として、次のどれが適切か。
(1) たくさんの栄養を必要とする時期なので、無理をしてでもバランスの取れた食事をした方がよい。
(2) 食べたい時に食べたい物を少しずつ食べた方がよい。
(3) 冷たい物より温かい物を食べた方がよい。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14