2005.03.31

つわりで制吐剤を処方された妊婦

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「処方せんを読む」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 妊娠3カ月の21歳の女性Tさんが、産婦人科を受診した帰りに、処方せんを持って薬局を訪れました。Tさんはぐったりとした様子で、次のような質問をしました。

 つわりがひどく、1日に何回も吐いてしまいます。脱水症状があるとのことで、何度か点滴を受けているのですが、今日は吐き気止めのお薬も出されました。もともと胃腸が弱く、学生時代によくナウゼリンを飲んでいたと先生に伝えたのですが、出されたのは違うお薬のようです。赤ちゃんへの影響が心配です。それから、赤ちゃんのためにも食べなければいけないと思うのですが、気持ちが悪く何も食べたくありません。どうしたらよいでしょうか。

■処方せん
(1)プリンペラン錠(5mg) 3錠
 分3 毎食前 5日分

Q1 医師がナウゼリン(一般名:ドンペリドン)ではなく、プリンペラン(一般名:メトクロプラミド)を処方したのはなぜか。

Q2 妊娠初期のつわりがひどい時の食事指導として、次のどれが適切か。
(1) たくさんの栄養を必要とする時期なので、無理をしてでもバランスの取れた食事をした方がよい。
(2) 食べたい時に食べたい物を少しずつ食べた方がよい。
(3) 冷たい物より温かい物を食べた方がよい。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55