2005.03.29

唾液でお困りの方はいらっしゃいませんか?

 ALSなどの神経難疾患による嚥下障害や、外科手術等により一時的に唾液が飲み込めない方に、とても便利でお手ごろな鑑賞魚用ポンプを利用した唾液専用吸引器が好評です。

 商品名は「低圧持続吸引器」。その名の通り継続して弱い圧力で唾液を吸い続けます。商品構成はポンプと唾液を吸うカテーテルと接続チューブです。唾液をためるビンは、ご家庭のペットボトルをご使用ください。

 長年、神経筋難病の治療に取組んできた国立病院機構さいがた病院で考案され、北海道難病連などでボランティアさんたちが手作りしていましたが、2003年5月からシースターコーポレーションで製作を開始しました。ホームページや、訪問看護ステーションの看護師さんの口コミで広まり、今では月間200〜300件のお問合せがあります。

 「低圧持続吸引器」には、在宅用のコンセント式設置型外出用の乾電池式の2種類あり、どちらも価格は5250円(税込み)です。お試しの貸し出しもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ただし、カテーテル・チューブの消耗品(420円)と送料はご負担ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215