2005.03.29

唾液でお困りの方はいらっしゃいませんか?

 ALSなどの神経難疾患による嚥下障害や、外科手術等により一時的に唾液が飲み込めない方に、とても便利でお手ごろな鑑賞魚用ポンプを利用した唾液専用吸引器が好評です。

 商品名は「低圧持続吸引器」。その名の通り継続して弱い圧力で唾液を吸い続けます。商品構成はポンプと唾液を吸うカテーテルと接続チューブです。唾液をためるビンは、ご家庭のペットボトルをご使用ください。

 長年、神経筋難病の治療に取組んできた国立病院機構さいがた病院で考案され、北海道難病連などでボランティアさんたちが手作りしていましたが、2003年5月からシースターコーポレーションで製作を開始しました。ホームページや、訪問看護ステーションの看護師さんの口コミで広まり、今では月間200〜300件のお問合せがあります。

 「低圧持続吸引器」には、在宅用のコンセント式設置型外出用の乾電池式の2種類あり、どちらも価格は5250円(税込み)です。お試しの貸し出しもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ただし、カテーテル・チューブの消耗品(420円)と送料はご負担ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176