2005.03.29

唾液でお困りの方はいらっしゃいませんか?

 ALSなどの神経難疾患による嚥下障害や、外科手術等により一時的に唾液が飲み込めない方に、とても便利でお手ごろな鑑賞魚用ポンプを利用した唾液専用吸引器が好評です。

 商品名は「低圧持続吸引器」。その名の通り継続して弱い圧力で唾液を吸い続けます。商品構成はポンプと唾液を吸うカテーテルと接続チューブです。唾液をためるビンは、ご家庭のペットボトルをご使用ください。

 長年、神経筋難病の治療に取組んできた国立病院機構さいがた病院で考案され、北海道難病連などでボランティアさんたちが手作りしていましたが、2003年5月からシースターコーポレーションで製作を開始しました。ホームページや、訪問看護ステーションの看護師さんの口コミで広まり、今では月間200〜300件のお問合せがあります。

 「低圧持続吸引器」には、在宅用のコンセント式設置型外出用の乾電池式の2種類あり、どちらも価格は5250円(税込み)です。お試しの貸し出しもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。ただし、カテーテル・チューブの消耗品(420円)と送料はご負担ください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 小児喘息へのツロブテロール貼付剤は2週間まで 解説◎5年ぶり改訂の小児喘息ガイドライン、どこが変わった? FBシェア数:31
  2. 2040年に増える科、減る科 医師1000人に聞きました FBシェア数:9
  3. 臨床研究の「厳格化」にどう立ち向かうか ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:21
  4. 大学病院の医師には専門業務型裁量労働制を シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:107
  5. 順調に進んでいた承継話が破談になったわけ その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:0
  6. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:668
  7. 「ママのお腹の中に戻って女の子に生まれ直したい」… 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:6
  8. 仕事が遅い新人看護師、時間外労働の限度は? ナースのためのアモーレ労働相談 FBシェア数:14
  9. 「転んだ後に腰が痛い」を映像化して見えたもの 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:3
  10. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:257
医師と医学研究者におすすめの英文校正