2005.03.29

FDAが下行性胸部大動脈瘤の治療に血管内移植装置を承認、従来の開胸術より低侵襲

 米国食品医薬品局(FDA)は3月23日、下行性胸部大動脈瘤の治療を目的とした血管内移植装置、「GORE TAG Endoprosthesis System」を承認した。新たに血液の流れる道筋を作ることで、大動脈瘤の破裂を予防する効果があるという。従来の開胸術よりも侵襲性が低いのが特徴。

 同装置の移植片は四フッ化エチレン樹脂(PTFE)で造られている。大動脈内に挿入することで、弱くなった大動脈内壁を覆い、強化する働きがあるという。FDAによると、約200人を対象に行った治験では、GORE TAG Endoprosthesis System群は、開胸術を行った群に比べ、胸部大動脈瘤に関連する死亡が少なかったとしている。

 同装置の製造元は、アリゾナ州Flagstaff のW.L. Gore and Associates社。詳しくは、FDAのニュースリリース、まで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769