2005.03.28

「気になる検査値が分かる事典」 4月20日発行 貴社のキャンペーン資材にお使いいただけます

 日経BP社は4月20日、「気になる検査値が分かる事典」を発行します。健康診断や人間ドックで基本メニューとなっている検査値を中心に、何を調べるための検査なのか、基準値はどうなっているのか、など値の読み解き方に重点を置いて解説しています。収録した用語は、関連用語を含む150語余。PET検査、腫瘍マーカーなどの最新の用語も取り上げました。

 サイズは横96mm、縦180mmのポケットサイズ。ページは40ページです。まとめ買いの場合には、図のように、表4に、御社からのお知らせ、あるいはキャンペーン情報などを印刷することができます。販売部数や費用など、詳しくは、 medwave@nikkeibp.co.jp へお問い合わせください。

 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256