2005.03.25

人気の岩盤浴を自宅で! 寝袋タイプとマットレスタイプが登場へ

 人気の岩盤浴の効果を家庭で楽しめる製品が、相次ぎ登場しそうだ。
 岩盤浴は、40℃前後に温められた石の上に横たわり、遠赤外線や放射線、マイナスイオンなどの作用で体をじわじわと温めるもの。驚くほどの汗が出て、体が軽くなるとして人気が高まっていて、岩盤浴の施設が全国的に急増している。

 茨城県茨城町のバンダイ・ケミカルが発売したのは、寝袋型の家庭用サウナ装置「玉川 湯のはな物語」。秋田県の玉川温泉は、薬効があるとされる貴重なラジウム鉱石「北投石(ほくとうせき)」で名高い。そこの湯の花にも微量な放射線が含まれ、薬効を期待できるという。

 同社は、玉川温泉の湯の花を織り込んだシートと、湯の花の成分を混ぜ込んだ小さなセラミックスのボールをつくり、これを寝袋の中に入れた。寝袋には、体感温度が38℃になるように調節した2リットルのお湯を循環させる。

 折りたたむと座布団1枚分の大きさになり、重さは5.5kg。電気代は、10分間の使用で1円80銭だという。価格は29万9250円。問い合わせは同社(TEL029-292-7889)まで。

 一方、水の浄化システムや浴場装置を開発する長野県千曲市長野セラミックスも、ラジウム鉱石を用いたマットレス「家庭用岩盤浴ベッド」を開発中。オーストリアの温泉保養地、バドガシュタインのラジウム鉱石をパウダー状にして練りこんだセラミックスのタイルを、マットレスの上に敷き詰める。

 1400×2000mmのシングルサイズで、価格は未定という。「展示会に出展したところ、来場者の反応がよかったので、早期に発売したい」と同社の七ッ矢剛営業課長。問い合わせは同社(TEL026-261-4000)まで。

 岩盤浴ブームを受けて、今後とも家庭向けの簡易装置が続々と登場しそうだ。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0
  2. 定量的輸液の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:15
  3. セクシー男優の疑問を感染症医がずばり解決 Cadetto通信 FBシェア数:847
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:569
  5. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:25
  6. 「見捨てられ感」を払拭する二人主治医制 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」 FBシェア数:197
  7. 「外科をあなたに任せたい」が移籍の決め手に ルポ:50代の転職(2)◎勤務先の経営者交代により退職を決意 FBシェア数:91
  8. 百日咳、定点から全数把握へ変更、来年1月から 成人含む百日咳患者の発生動向を正確に把握 FBシェア数:95
  9. ピュアに働くほど「やりがい搾取」されるんだよ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:2
  10. 「点滴は30分ほどで終わります。先にお手洗いに行… 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:0