2005.03.25

人気の岩盤浴を自宅で! 寝袋タイプとマットレスタイプが登場へ

 人気の岩盤浴の効果を家庭で楽しめる製品が、相次ぎ登場しそうだ。
 岩盤浴は、40℃前後に温められた石の上に横たわり、遠赤外線や放射線、マイナスイオンなどの作用で体をじわじわと温めるもの。驚くほどの汗が出て、体が軽くなるとして人気が高まっていて、岩盤浴の施設が全国的に急増している。

 茨城県茨城町のバンダイ・ケミカルが発売したのは、寝袋型の家庭用サウナ装置「玉川 湯のはな物語」。秋田県の玉川温泉は、薬効があるとされる貴重なラジウム鉱石「北投石(ほくとうせき)」で名高い。そこの湯の花にも微量な放射線が含まれ、薬効を期待できるという。

 同社は、玉川温泉の湯の花を織り込んだシートと、湯の花の成分を混ぜ込んだ小さなセラミックスのボールをつくり、これを寝袋の中に入れた。寝袋には、体感温度が38℃になるように調節した2リットルのお湯を循環させる。

 折りたたむと座布団1枚分の大きさになり、重さは5.5kg。電気代は、10分間の使用で1円80銭だという。価格は29万9250円。問い合わせは同社(TEL029-292-7889)まで。

 一方、水の浄化システムや浴場装置を開発する長野県千曲市長野セラミックスも、ラジウム鉱石を用いたマットレス「家庭用岩盤浴ベッド」を開発中。オーストリアの温泉保養地、バドガシュタインのラジウム鉱石をパウダー状にして練りこんだセラミックスのタイルを、マットレスの上に敷き詰める。

 1400×2000mmのシングルサイズで、価格は未定という。「展示会に出展したところ、来場者の反応がよかったので、早期に発売したい」と同社の七ッ矢剛営業課長。問い合わせは同社(TEL026-261-4000)まで。

 岩盤浴ブームを受けて、今後とも家庭向けの簡易装置が続々と登場しそうだ。(小山千穂、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16