2005.03.25

日本循環器学会2005速報】 血管内壁の傷害後、新生内膜肥厚部では4カ月にわたってカルシニューリンが発現する

 総頚動脈をバルーンで傷害した新生内膜肥厚部においては、血管平滑筋細胞の増殖や骨格筋細胞の分化誘導などに関わるカルシニューリンとそのシグナル伝達が、傷害後4カ月間にわたって発現し続けていることがわかった。鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学の濱田成郷氏らが、3月20日のポスターセッションで報告した。

 濱田氏らは、ラット左総頸動脈の内皮をバルーンで3回擦過し、血管傷害後、2日、2週、8週、16週の左総頸動脈を回収、カルシニューリンとそのシグナル系に関与するカルシノモデュリン、NFATc4の発現状況を抗体による免疫染色で比較した。

 その結果、カルシニューリンとNFATc4は、非傷害動脈では発現が見られないが、障害後は2日〜16週において発現が見られた。またカルシノモデュリンは、非傷害動脈でもわずかに発現しているが、傷害後2日目には発言が強くなり、2〜16週ではさらに増強していた。

 濱田氏らは、カルシニューリンとそのシグナル伝達メカニズムが、血管形成術施行後の再狭窄に関与している可能性があることを示唆していた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:244
  2. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:482
  3. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:422
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  6. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:558
  7. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:311
  8. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  9. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  10. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:114