2005.03.25

日本循環器学会2005速報】 血管内壁の傷害後、新生内膜肥厚部では4カ月にわたってカルシニューリンが発現する

 総頚動脈をバルーンで傷害した新生内膜肥厚部においては、血管平滑筋細胞の増殖や骨格筋細胞の分化誘導などに関わるカルシニューリンとそのシグナル伝達が、傷害後4カ月間にわたって発現し続けていることがわかった。鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学の濱田成郷氏らが、3月20日のポスターセッションで報告した。

 濱田氏らは、ラット左総頸動脈の内皮をバルーンで3回擦過し、血管傷害後、2日、2週、8週、16週の左総頸動脈を回収、カルシニューリンとそのシグナル系に関与するカルシノモデュリン、NFATc4の発現状況を抗体による免疫染色で比較した。

 その結果、カルシニューリンとNFATc4は、非傷害動脈では発現が見られないが、障害後は2日〜16週において発現が見られた。またカルシノモデュリンは、非傷害動脈でもわずかに発現しているが、傷害後2日目には発言が強くなり、2〜16週ではさらに増強していた。

 濱田氏らは、カルシニューリンとそのシグナル伝達メカニズムが、血管形成術施行後の再狭窄に関与している可能性があることを示唆していた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療所の運動器リハ、意外だった査定の理由は? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:73
  2. 辛い食事で下痢するのは機能性腸疾患の証!? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:28
  3. 結婚や恋愛にパワーと時間はなかなか使えない Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:6
  4. 意外と世間から誤解されている「救急」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:88
  5. 「結婚は?」と聞かれるのは苦手 Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:12
  6. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:20
  7. 11時間も待たされて、処方は痛み止めだけ? マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:10
  8. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:40
  9. こんないい薬があったなんて…! 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:26
  10. 健常者の肺はどのように映るのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:11