2005.03.25

日本循環器学会2005速報】 血管内壁の傷害後、新生内膜肥厚部では4カ月にわたってカルシニューリンが発現する

 総頚動脈をバルーンで傷害した新生内膜肥厚部においては、血管平滑筋細胞の増殖や骨格筋細胞の分化誘導などに関わるカルシニューリンとそのシグナル伝達が、傷害後4カ月間にわたって発現し続けていることがわかった。鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学の濱田成郷氏らが、3月20日のポスターセッションで報告した。

 濱田氏らは、ラット左総頸動脈の内皮をバルーンで3回擦過し、血管傷害後、2日、2週、8週、16週の左総頸動脈を回収、カルシニューリンとそのシグナル系に関与するカルシノモデュリン、NFATc4の発現状況を抗体による免疫染色で比較した。

 その結果、カルシニューリンとNFATc4は、非傷害動脈では発現が見られないが、障害後は2日〜16週において発現が見られた。またカルシノモデュリンは、非傷害動脈でもわずかに発現しているが、傷害後2日目には発言が強くなり、2〜16週ではさらに増強していた。

 濱田氏らは、カルシニューリンとそのシグナル伝達メカニズムが、血管形成術施行後の再狭窄に関与している可能性があることを示唆していた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127