2005.03.25

日本循環器学会2005速報】 血管内壁の傷害後、新生内膜肥厚部では4カ月にわたってカルシニューリンが発現する

 総頚動脈をバルーンで傷害した新生内膜肥厚部においては、血管平滑筋細胞の増殖や骨格筋細胞の分化誘導などに関わるカルシニューリンとそのシグナル伝達が、傷害後4カ月間にわたって発現し続けていることがわかった。鹿児島大学大学院循環器・呼吸器・代謝内科学の濱田成郷氏らが、3月20日のポスターセッションで報告した。

 濱田氏らは、ラット左総頸動脈の内皮をバルーンで3回擦過し、血管傷害後、2日、2週、8週、16週の左総頸動脈を回収、カルシニューリンとそのシグナル系に関与するカルシノモデュリン、NFATc4の発現状況を抗体による免疫染色で比較した。

 その結果、カルシニューリンとNFATc4は、非傷害動脈では発現が見られないが、障害後は2日〜16週において発現が見られた。またカルシノモデュリンは、非傷害動脈でもわずかに発現しているが、傷害後2日目には発言が強くなり、2〜16週ではさらに増強していた。

 濱田氏らは、カルシニューリンとそのシグナル伝達メカニズムが、血管形成術施行後の再狭窄に関与している可能性があることを示唆していた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正