2005.03.25

【日本循環器学会2005速報】 院内の除細動、看護師の7割が「正式許可なければAED使わない」

 入院中の患者が突然心室細動を起こした時、自動体外式除細動器(AED)を持った看護師が駆けつけたのに、なぜか除細動を行わず、医師の到着を待つ。こんな事態が起こりかねないことを示唆する調査結果が報告された。東京慈恵会医科大学附属病院循環器病錬の園城陽子氏らが、3月20日のコメディカル・ポスターセッションで発表した。

 園城氏らは病院の循環器病棟と救急部に勤務する看護師135人に対し、AED使用に関する意識調査を実施、126人から回答を得た。

 それによると、「日本では法的に看護師による除細動は可能か」という問いには4分の3を超える77%が問題なしと答えたにもかかわらず、「医師のいる病院内で医師が未到着の場合、除細動を行うか」という問いに対して「使う」としたのは29%に過ぎなかった。

 AED使用に対して病院の正式許可(通達)がない状況で、患者が心室細動になった時、どうするか、という問いに対しては、「医師の指示の有無にかかわらず除細動を施行する」と回答したのはわずか22%。一方、「医師の指示がある時だけAEDを使用して除細動を行う」が31%と前者を上回った。

 ところが、AED講習会受講の有無で回答を分けると、病院としてAED使用許可の通達がない場合でもAEDを使用すると回答した比率は、講習会未受講者では15%に過ぎなかったが、講習会を受講した看護師では43%と有意に多かった。許可がある場合にも、未受講者で「使用する」としたのは62%だったのに対し、受講者では86%と有意に多かった。

 こうしたことから園城氏らは、病院が看護師に対してAED使用法を習得する機会を与え、看護師のAED使用を公認する必要があるとしていた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97