2005.03.25

【日本循環器学会2005速報】 院内の除細動、看護師の7割が「正式許可なければAED使わない」

 入院中の患者が突然心室細動を起こした時、自動体外式除細動器(AED)を持った看護師が駆けつけたのに、なぜか除細動を行わず、医師の到着を待つ。こんな事態が起こりかねないことを示唆する調査結果が報告された。東京慈恵会医科大学附属病院循環器病錬の園城陽子氏らが、3月20日のコメディカル・ポスターセッションで発表した。

 園城氏らは病院の循環器病棟と救急部に勤務する看護師135人に対し、AED使用に関する意識調査を実施、126人から回答を得た。

 それによると、「日本では法的に看護師による除細動は可能か」という問いには4分の3を超える77%が問題なしと答えたにもかかわらず、「医師のいる病院内で医師が未到着の場合、除細動を行うか」という問いに対して「使う」としたのは29%に過ぎなかった。

 AED使用に対して病院の正式許可(通達)がない状況で、患者が心室細動になった時、どうするか、という問いに対しては、「医師の指示の有無にかかわらず除細動を施行する」と回答したのはわずか22%。一方、「医師の指示がある時だけAEDを使用して除細動を行う」が31%と前者を上回った。

 ところが、AED講習会受講の有無で回答を分けると、病院としてAED使用許可の通達がない場合でもAEDを使用すると回答した比率は、講習会未受講者では15%に過ぎなかったが、講習会を受講した看護師では43%と有意に多かった。許可がある場合にも、未受講者で「使用する」としたのは62%だったのに対し、受講者では86%と有意に多かった。

 こうしたことから園城氏らは、病院が看護師に対してAED使用法を習得する機会を与え、看護師のAED使用を公認する必要があるとしていた。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師の説明を無断録音、裁判の証拠になるのか? クリニック法律相談室 FBシェア数:262
  2. 不足だけでないインフルエンザワクチンへの懸念 記者の眼 FBシェア数:247
  3. 感染研、麻疹発生で医療機関に注意喚起 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:189
  4. 若年男性の下腹部激痛ではパンツを脱がせろ! カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:20
  5. 甲状腺機能は低めの方が余命は長い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:123
  6. 「一般的な勤務医は労働者」に議論の余地なし 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(前編) FBシェア数:255
  7. 電解質の良書 医学書ソムリエ FBシェア数:29
  8. 敗血症は治る病気です 特集◎あなたが救う敗血症《インタビュー》 FBシェア数:6
  9. 98%が「心不全患者の緩和ケアは必要」 学会トピック◎第21回日本心不全学会学術集会 FBシェア数:132
  10. 医師の働き方改革、今後の論点は大きく4項目 厚生労働省 第2回医師の働き方改革に関する検討会(後編) FBシェア数:55