2005.03.24

スピリーバの特徴と使用上の注意点

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「服薬指導―2」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 5年ほど前から慢性閉塞性肺疾患(COPD)で治療を受けている60歳の男性Sさんが、近隣の内科診療所を受診した帰りに薬局を訪れました。薬を受け取る際にSさんは次のような質問をしました。

 今回から新しい薬に変わったのですが、先生から「今度のお薬は1日1回の吸入でよいし、お酒が苦手なSさんにも合っていますよ」と言われました。でも、本当に1回の吸入だけで症状が抑えられるのか心配です。今までのお薬でも問題なく使用できたのですが、どういうことでしょうか。

■処方せん
(1)スピリーバ吸入用カプセル18μg 1カプセル
  1日1回朝吸入 7日分
*これまでSさんはアトロベント(一般名:イプラトロピウム)を1日3回吸入していた。

Q1 スピリーバ(一般名:チオトロピウム)の特徴として正しいものはどれか。
(1) 中等症以上のCOPDに対して継続的に用いられる。
(2) 1回の吸入で効果が6時間持続する。
(3) ほかの抗コリン剤に比べて口渇の出現率が低い。
(4) アルコールが添加されていない。

Q2 スピリーバの使用上の注意点として適切なものはどれか。
(1) 誤ってアルミ包装を強くはがし、次回分のカプセルが露出した場合は、そのカプセルを破棄する。
(2) 25℃を超えない場所に保存する。
(3) 吸入し忘れた場合は、次回に2回分吸入するよう指導する。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今から区分マンション投資?それは自殺行為です Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:87
  2. インフルエンザ脳症を疑う3つのポイント インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:148
  3. 結核病棟からの脱走劇 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:56
  4. 杏林大病院、診療体制維持での働き方改革に挑戦 シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:180
  5. 働き方改革の「緊急的取り組み」今月中に通知へ シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:91
  6. 日本一高いアイスクリームに医療費高騰の片鱗を見る Inside Outside FBシェア数:77
  7. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:211
  8. 持効型インスリン:デグルデクがシェア伸ばす NMO処方サーベイ FBシェア数:36
  9. 記録が伸びないアスリートに多い内科的疾患 記者の眼 FBシェア数:64
  10. 約2000万人の未診断者が課題 特集◎生活習慣病 7つの新常識《インタビュー》 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正