2005.03.24

スピリーバの特徴と使用上の注意点

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「服薬指導―2」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 5年ほど前から慢性閉塞性肺疾患(COPD)で治療を受けている60歳の男性Sさんが、近隣の内科診療所を受診した帰りに薬局を訪れました。薬を受け取る際にSさんは次のような質問をしました。

 今回から新しい薬に変わったのですが、先生から「今度のお薬は1日1回の吸入でよいし、お酒が苦手なSさんにも合っていますよ」と言われました。でも、本当に1回の吸入だけで症状が抑えられるのか心配です。今までのお薬でも問題なく使用できたのですが、どういうことでしょうか。

■処方せん
(1)スピリーバ吸入用カプセル18μg 1カプセル
  1日1回朝吸入 7日分
*これまでSさんはアトロベント(一般名:イプラトロピウム)を1日3回吸入していた。

Q1 スピリーバ(一般名:チオトロピウム)の特徴として正しいものはどれか。
(1) 中等症以上のCOPDに対して継続的に用いられる。
(2) 1回の吸入で効果が6時間持続する。
(3) ほかの抗コリン剤に比べて口渇の出現率が低い。
(4) アルコールが添加されていない。

Q2 スピリーバの使用上の注意点として適切なものはどれか。
(1) 誤ってアルミ包装を強くはがし、次回分のカプセルが露出した場合は、そのカプセルを破棄する。
(2) 25℃を超えない場所に保存する。
(3) 吸入し忘れた場合は、次回に2回分吸入するよう指導する。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:30
  2. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:40
  3. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:12
  4. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  5. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:65
  6. 採血の上達に必要なモノとは!? 病院珍百景 FBシェア数:11
  7. 家畜に大量に使われるコリスチン、その対策は? 記者の眼 FBシェア数:44
  8. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:72
  9. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:21
  10. インフルエンザ迅速検査は必須? 医師1000人に聞きました FBシェア数:1