2005.03.24

スピリーバの特徴と使用上の注意点

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「服薬指導―2」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 5年ほど前から慢性閉塞性肺疾患(COPD)で治療を受けている60歳の男性Sさんが、近隣の内科診療所を受診した帰りに薬局を訪れました。薬を受け取る際にSさんは次のような質問をしました。

 今回から新しい薬に変わったのですが、先生から「今度のお薬は1日1回の吸入でよいし、お酒が苦手なSさんにも合っていますよ」と言われました。でも、本当に1回の吸入だけで症状が抑えられるのか心配です。今までのお薬でも問題なく使用できたのですが、どういうことでしょうか。

■処方せん
(1)スピリーバ吸入用カプセル18μg 1カプセル
  1日1回朝吸入 7日分
*これまでSさんはアトロベント(一般名:イプラトロピウム)を1日3回吸入していた。

Q1 スピリーバ(一般名:チオトロピウム)の特徴として正しいものはどれか。
(1) 中等症以上のCOPDに対して継続的に用いられる。
(2) 1回の吸入で効果が6時間持続する。
(3) ほかの抗コリン剤に比べて口渇の出現率が低い。
(4) アルコールが添加されていない。

Q2 スピリーバの使用上の注意点として適切なものはどれか。
(1) 誤ってアルミ包装を強くはがし、次回分のカプセルが露出した場合は、そのカプセルを破棄する。
(2) 25℃を超えない場所に保存する。
(3) 吸入し忘れた場合は、次回に2回分吸入するよう指導する。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14