2005.03.24

【MedWaveクイズ:個人情報保護法】 「ほかの病院から、かつて受診していた患者さんの診察結果を照会された時」の回答

 「MedWaveクイズ:個人情報保護法」の回答です。第3回は「ほかの病院から、かつて受診していた患者さんの診察結果を照会された時」でした(質問はこちらから)。

****************************

ほかの病院から、過去に受診していた患者さんの診察結果を
照会された時、あなたはどうしますか

****************************

回答】
A M医師が患者さんの同意を得ていることが確認できていれば、「私」がM医師の照会に答えたことに問題はありません。

 「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」によれば、「私」がM医師の照会に答えることは、患者さんへの医療サービスの一環であるとしています。

 なお、今回取り上げた事例では、「私」は診察の概要を記した文書と紹介状を患者さんに渡し、紹介先の病院へ持参してもらっています。紹介先のM医師は、その紹介状と概要を見ることになるのですが、この場合、M医師に患者さんの情報を提供したことは、やはり患者さんへの医療提供が目的であるので、個人情報保護法で問題になることはありません。

 ただ、患者さんへの医療提供の一環として、ほかの医療機関からの照会に答えたり、あるいは医療機関にあてて紹介状を発行したりすることについては、「患者さんから得られた情報の利用目的」に含んでいることを明確にし、あらかじめ院内に掲示することが求められています。

(まとめ;三和護、医療局編集委員)

*回答は今週の金曜日に掲載する予定です。
**「MedWaveクイズ:個人情報保護法」で取り上げるべき事例がありましたら、 medwave@nikkeibp.co.jp あるいは miwa@nikkeibp.co.jp へご連絡ください。

■ 参考図書 ■
・医療機関のための個人情報保護対応マニュアル(詳しくはこちら
・50の医療事故・判例の教訓(詳しくはこちら

====
お知らせ
====
 MedWaveではこの4月、有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学2005」を開講します。ご興味のある方は以下の画面をご覧ください。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/masaka/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:77
  2. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:2
  3. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:244
  4. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:35
  5. 救クリが研修先として適切か検証してみた 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:1
  6. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. ニボルマブ薬価50%下げは厚労省判断だった 医療行政の舞台裏◎実は「官邸に押し切られた」のではなく… FBシェア数:1
  8. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:221
  9. 腸管アンモニア産生菌に対する肝性脳症治療薬 最新DIピックアップ FBシェア数:8
  10. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1