2005.03.23

【再掲】EGFR遺伝子変異ある患者はイレッサ投与後の生存期間が有意に長い 愛知県がんセンターの光冨徹哉氏、初の結果を検討会で報告 

 愛知県がんセンター胸部外科部長の光冨徹哉氏は、3月17日に開かれた厚生労働省「第3回ゲフィチニブ検討会」で、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子に変異がある患者ではゲフィチニブ(商品名イレッサ)投与後の生存期間が有意に長いことを明らかにした。レトロスペクティブな検討ではあるものの、イレッサ投与についてEGFR遺伝子変異と延命の関係を示した初の報告となる。この結果は、Journal of Clinical Oncology誌のWebサイトに、出版に先駆けて2月28日付けで掲載された。(全文をお読みいただくにはプロフェッショナルプログラムへの登録(無料)が必要です)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング中間、大学首位は不動の東京医科歯科 「医師臨床研修マッチング2017」中間結果ランキング FBシェア数:201
  2. 「研修医にやる気がない」「教えるとウザがられる」… 学会トピック◎日本病院総合診療医学会学術総会 FBシェア数:569
  3. 55歳女性。起床後、頻回の嘔吐・下痢 日経メディクイズ●腹部X線 FBシェア数:0
  4. 25歳女性。外陰部の結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 頭をぶつけたが異常のない男児。CTを撮る? 医師1000人に聞きました FBシェア数:34
  6. 「スポーツ98%です!」どういう意味か分かります… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:92
  7. 知ってた? 一円玉はX線画像に写らない! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:213
  8. 50歳代男性。発熱、呼吸困難、左下腿疼痛 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  9. ガイドライン外来診療◆不眠症 ガイドライン外来診療 FBシェア数:2
  10. 流行ウイルスはAH3? それともAH1pdm09… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:163