2005.03.23

【再掲】EGFR遺伝子変異ある患者はイレッサ投与後の生存期間が有意に長い 愛知県がんセンターの光冨徹哉氏、初の結果を検討会で報告 

 愛知県がんセンター胸部外科部長の光冨徹哉氏は、3月17日に開かれた厚生労働省「第3回ゲフィチニブ検討会」で、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子に変異がある患者ではゲフィチニブ(商品名イレッサ)投与後の生存期間が有意に長いことを明らかにした。レトロスペクティブな検討ではあるものの、イレッサ投与についてEGFR遺伝子変異と延命の関係を示した初の報告となる。この結果は、Journal of Clinical Oncology誌のWebサイトに、出版に先駆けて2月28日付けで掲載された。(全文をお読みいただくにはプロフェッショナルプログラムへの登録(無料)が必要です)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385