2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントの減少に有効−−韓国の研究

 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントを有意に減少することができる−−。韓国Gachon Medical SchoolのSeung Hwan Han氏(写真)は、Drug-Eluting Stent(DES、薬剤溶出ステント)の有効性を確認、3月20日に開催されたFeatured Research セッション「New PCI Technique」で発表した。

 Han氏らが使用したのは、血栓形成予防効果を持つ生体膜類似物質であるPhosphorylcholineをステントの表面にコーティングした「BiodivYsioステント」で、デキサメタゾンを溶出するように設計したもの。デキサメタゾンは抗炎症効果があり、また拒絶反応を抑制する効果もあることから採用した。  

 研究グループは、この薬剤溶出ステントと非薬剤溶出ステントを使い、韓国内の患者を対象に臨床的な効果を確認した。対象は92例(98病変)。薬剤溶出ステント群は67例(71病変)。非薬剤溶出ステント群は25例(27病変)。

 試験では、心疾患イベント対象を新病変とし、直径は2.75〜4.0mmとした。薬剤溶出ステントでは、20mg/mlのデキサメタゾンを含み、ステントの1mm当たり50μgが溶出するように設計。血管造影によるフォローアップは、薬剤溶出ステントで80.3%、非薬剤溶出ステント群で77.8%だった。

 一次エンドポイントは12カ月の心臓における主要有害事象(MACE)の発生率で、二次エンドポイントは6カ月の血管形成術の実施率とした。

 患者背景は、平均年齢が60.6歳、男性が58%、女性が42%。また、糖尿病が38%にみられ、高コレステロールが33%に、高血圧が57%に、それぞれみられた。

 結果は、一次エンドポイントとしたMACE率は、薬剤溶出ステント群が9.9%で非薬剤溶出ステント群の29.6%に比べて有意に低下した(p=0.026)。また、二次エンドポイントである6カ月の血管形成術の実施率は、薬剤溶出ステント群が12.1%で非薬剤溶出ステント群の42.9%に比べて有意に低下した(p=0.003)。なお、再狭窄の面では、損失係数=内径損失/獲得内径をみると、薬剤溶出ステント群が0.37±0.33で、非薬剤溶出ステント群の0.65±0.31より減少していた(p=0.001)。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急