2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントの減少に有効−−韓国の研究

 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントを有意に減少することができる−−。韓国Gachon Medical SchoolのSeung Hwan Han氏(写真)は、Drug-Eluting Stent(DES、薬剤溶出ステント)の有効性を確認、3月20日に開催されたFeatured Research セッション「New PCI Technique」で発表した。

 Han氏らが使用したのは、血栓形成予防効果を持つ生体膜類似物質であるPhosphorylcholineをステントの表面にコーティングした「BiodivYsioステント」で、デキサメタゾンを溶出するように設計したもの。デキサメタゾンは抗炎症効果があり、また拒絶反応を抑制する効果もあることから採用した。  

 研究グループは、この薬剤溶出ステントと非薬剤溶出ステントを使い、韓国内の患者を対象に臨床的な効果を確認した。対象は92例(98病変)。薬剤溶出ステント群は67例(71病変)。非薬剤溶出ステント群は25例(27病変)。

 試験では、心疾患イベント対象を新病変とし、直径は2.75〜4.0mmとした。薬剤溶出ステントでは、20mg/mlのデキサメタゾンを含み、ステントの1mm当たり50μgが溶出するように設計。血管造影によるフォローアップは、薬剤溶出ステントで80.3%、非薬剤溶出ステント群で77.8%だった。

 一次エンドポイントは12カ月の心臓における主要有害事象(MACE)の発生率で、二次エンドポイントは6カ月の血管形成術の実施率とした。

 患者背景は、平均年齢が60.6歳、男性が58%、女性が42%。また、糖尿病が38%にみられ、高コレステロールが33%に、高血圧が57%に、それぞれみられた。

 結果は、一次エンドポイントとしたMACE率は、薬剤溶出ステント群が9.9%で非薬剤溶出ステント群の29.6%に比べて有意に低下した(p=0.026)。また、二次エンドポイントである6カ月の血管形成術の実施率は、薬剤溶出ステント群が12.1%で非薬剤溶出ステント群の42.9%に比べて有意に低下した(p=0.003)。なお、再狭窄の面では、損失係数=内径損失/獲得内径をみると、薬剤溶出ステント群が0.37±0.33で、非薬剤溶出ステント群の0.65±0.31より減少していた(p=0.001)。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:67
  2. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:188
  3. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:136
  4. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:425
  5. 三十六回の手術の末 安楽死を選んだフロイト 病と歴史への招待 FBシェア数:137
  6. STEMをねらえ! Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:18
  7. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:19
  8. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:81
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:11
  10. インスリンポンプは胸の谷間に入れるもの!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:215