2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントの減少に有効−−韓国の研究

 薬剤溶出ステントはステント内再狭窄と心疾患イベントを有意に減少することができる−−。韓国Gachon Medical SchoolのSeung Hwan Han氏(写真)は、Drug-Eluting Stent(DES、薬剤溶出ステント)の有効性を確認、3月20日に開催されたFeatured Research セッション「New PCI Technique」で発表した。

 Han氏らが使用したのは、血栓形成予防効果を持つ生体膜類似物質であるPhosphorylcholineをステントの表面にコーティングした「BiodivYsioステント」で、デキサメタゾンを溶出するように設計したもの。デキサメタゾンは抗炎症効果があり、また拒絶反応を抑制する効果もあることから採用した。  

 研究グループは、この薬剤溶出ステントと非薬剤溶出ステントを使い、韓国内の患者を対象に臨床的な効果を確認した。対象は92例(98病変)。薬剤溶出ステント群は67例(71病変)。非薬剤溶出ステント群は25例(27病変)。

 試験では、心疾患イベント対象を新病変とし、直径は2.75〜4.0mmとした。薬剤溶出ステントでは、20mg/mlのデキサメタゾンを含み、ステントの1mm当たり50μgが溶出するように設計。血管造影によるフォローアップは、薬剤溶出ステントで80.3%、非薬剤溶出ステント群で77.8%だった。

 一次エンドポイントは12カ月の心臓における主要有害事象(MACE)の発生率で、二次エンドポイントは6カ月の血管形成術の実施率とした。

 患者背景は、平均年齢が60.6歳、男性が58%、女性が42%。また、糖尿病が38%にみられ、高コレステロールが33%に、高血圧が57%に、それぞれみられた。

 結果は、一次エンドポイントとしたMACE率は、薬剤溶出ステント群が9.9%で非薬剤溶出ステント群の29.6%に比べて有意に低下した(p=0.026)。また、二次エンドポイントである6カ月の血管形成術の実施率は、薬剤溶出ステント群が12.1%で非薬剤溶出ステント群の42.9%に比べて有意に低下した(p=0.003)。なお、再狭窄の面では、損失係数=内径損失/獲得内径をみると、薬剤溶出ステント群が0.37±0.33で、非薬剤溶出ステント群の0.65±0.31より減少していた(p=0.001)。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:357
  2. 看護師に問題視される医師 うさコメント! FBシェア数:1
  3. 17歳女子。主訴:下痢と肛門部痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  4. 56歳男性。湿性咳嗽、呼吸苦 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  5. 内覧会でPRした手術、手続き漏れで実施できず 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 28歳男性。腹痛、下血 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  7. 74歳女性。入院中の著明な血小板減少 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 診察中の患者の横でひざまづき祈り始めた通訳 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:30
  9. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  10. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:476