2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 1日5杯の緑茶で血管弾力性が改善

 1日あたり5杯、または800ml以上の緑茶を摂取することで、血圧に関係するとされる脈波伝播速度(PWV:Pulse Wave Velocity)が有意に下がり、血管の弾力を示すFMD(Flow Mediated Dilation:血流の増加に依存した血管拡張)が有意に向上するという。福井循環器病院循環器内科の村上達明氏が3月19日のポスターセッションで報告した。

 現代の日本人は高血圧や糖尿病、血中コレステロールの増加といった心血管イベントが起きやすい状態であるにもかかわらず、欧米に比べて心臓病などの心血管イベントの発生率が低い。これは日本独特の嗜好飲料である「緑茶」が血管に何か影響を与えているのではないか? という仮説を検証したものだ。

 60歳代以上の日本人150人を、緑茶を1日5杯以上もしくは800ml以上飲む群(G:n=77)と、飲まない群(C:n=73)に分けPWV、FMDと血清コレステロールなどを比較した。結果はC群に比べG群はコレステロールと血糖値が高く、PWVはG群が1542±256cm/sに比べG群が1765±225cm/sと高く、FMDがG群が8.3±5.0%だったのに対し、C群が5.6±4.1%だった。p<0.01と有意だった。

 さらに、1日5杯以上または800ml飲まないC群に対し、1年後に追跡調査をして、以前よりも緑茶を飲む群(CM)と変わらない群(CN) に分けて比較したところ、CM群はPWVが1621±286cm/sになって以前よりも下がり、FMDが7.5±4.9%と向上した。CN群ではほとんど変化が見られず、PWVが1756±316cm/sで、FMDが5.5±4.7%だった。村上氏は「緑茶に含まれるポリフェノール」には血管に弾力を与える効果があるのではと推測している。(田村嘉麿)


 

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48