2005.03.20

【日本循環器学会2005速報】 薬剤師による服薬指導の効果、ワルファリンカリウムで実証

 血液凝固阻止剤ワルファリンカリウムの投与に際し、薬剤師が患者に積極的な服薬指導を行うことで患者の薬についての理解度が増し、適正な服用につながることがわかった。名古屋大学医学部付属病院薬剤部の山村恵子氏が、3月19日に開催された第69回日本循環器学会のコメディカルセッションで発表した。

 山村氏らは、厳格な容量設定が必要で、不適切な服用により脳塞栓や心筋梗塞、あるいは出血などの重大な問題を引き起こしかねないワルファリンカリウムについて、医師からの要請を受けて2004年4月、薬剤師による服薬指導を行う「ワーファリン教室」を始めた。薬剤師が個室に患者を1人ずつ呼んで、血液凝固能を調べるトロンボテストの値や薬歴を確認した後、服薬方法や有害事象、注意事項など十数項目についてアンケートを行い、次いで冊子を利用して正しい知識を説明するというものだ。同年8月までに272人の患者に実施した。

 その結果、指導前は平均6.8点だったアンケートの正解率は、指導後は8.2点に上昇し、有意に知識の向上が見られた。トロンボテストの値が目標域にある患者の割合も、指導前には34%だったが指導後は56%とやはり有意に増えた。

 また「ワーファリン教室」における患者とのやりとりなどから、1mg錠と0.5mg錠を間違えて服用する患者が少なくないことがわかり、製薬メーカーに凹凸をつけたシートへの改良を提案する効果もあったという。

 山村氏は、「国民に薬剤師による服薬指導の成果をきちんとしたデータで示し、その有用性と必要性を認識してもらうことで、診療報酬で薬剤師の業務をさらに評価してもらい、薬剤師の増員にもつなげていきたい」と、その意義を強調した。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:78
  2. 「おちんちんが小さいのでは?」と聞かれたら 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:29
  3. インフルエンザ発症直後は心筋梗塞が増える NEJM誌から FBシェア数:93
  4. 心血管疾患二次予防のLDL-C目標値は70未満 特集◎生活習慣病 7つの新常識《3》 FBシェア数:70
  5. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:449
  6. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:616
  7. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:2
  8. デイサービスで感じた女子力とは? 病院珍百景 FBシェア数:33
  9. コールドポリペクトミーは抗凝固薬服用中の大腸ポリ… 学会トピック◎第14回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:45
  10. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:77
医師と医学研究者におすすめの英文校正