2005.03.19

【日本循環器学会2005速報】医療訴訟、最終的な局面では和解が56%と最多、医療側が敗訴するのは14%

 医療訴訟の行方をみると最終的には和解が56%と最多で、医療側が敗訴するのは14%−−。3月19日に開催されたトピックス「医療訴訟の現状と問題点」の中で登壇した東京地方裁判所判事の金光秀明氏(写真)が明らかにした。
 
 東京地方裁判所の医療部(2001年に設置された医療裁判専門部門)のまとめによると、東京地方裁判所に持ち込まれた医療訴訟で、2002年10月から2003年12月までに何らかの決着がついたもののうち、もっとも多かったのは和解で56%と過半数を超えていた。次に多かったのは、訴えの棄却、つまり原告側の敗訴で22%だった。医療側が敗訴(一部認容も含む)したのは14%と少なかった。

 参考までに、全国のまとめでは、2003年度に何らかの決着がついた医療訴訟のうち、もっとも多かったのは、やはり和解で49%だった。原告側の訴えが棄却、あるいは却下されたのは22%、医療側が敗訴(一部認容も含む)したのは17%だった。

裁判に持ち込まれる前に90%が何らかの決着をみている

 金光氏が紹介したデータは、提訴後の決着の仕方についてだった。これに対し、金光氏に先立ち登壇した日本大学の押田茂實氏は、自らが収集し分析したデータを基に、医事紛争の行方に言及した。

 それによると、医事紛争を100%とすると、裁判前に見舞金で解決しているのが40%、示談で解決しているが20%と見込まれるという。自然消滅が30%程度あるため、実に、裁判に持ち込まれる前に医事紛争の90%もが何からかの決着をみていることになる。

 見舞金と示談を合計すると、60%もが「お金」で解決していることになるわけだ。特に示談の中には、医療側に落ち度がないにも関わらず、「お金」で解決しているものが少なくないと予想される。医療ミスの有無を明らかにする前に、安易に「お金」で解決しているとしたら、今後も医事紛争は増えこそすれ減ることはないに違いない。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0