2005.03.19

【日本循環器学会2005速報】医療訴訟、最終的な局面では和解が56%と最多、医療側が敗訴するのは14%

 医療訴訟の行方をみると最終的には和解が56%と最多で、医療側が敗訴するのは14%−−。3月19日に開催されたトピックス「医療訴訟の現状と問題点」の中で登壇した東京地方裁判所判事の金光秀明氏(写真)が明らかにした。
 
 東京地方裁判所の医療部(2001年に設置された医療裁判専門部門)のまとめによると、東京地方裁判所に持ち込まれた医療訴訟で、2002年10月から2003年12月までに何らかの決着がついたもののうち、もっとも多かったのは和解で56%と過半数を超えていた。次に多かったのは、訴えの棄却、つまり原告側の敗訴で22%だった。医療側が敗訴(一部認容も含む)したのは14%と少なかった。

 参考までに、全国のまとめでは、2003年度に何らかの決着がついた医療訴訟のうち、もっとも多かったのは、やはり和解で49%だった。原告側の訴えが棄却、あるいは却下されたのは22%、医療側が敗訴(一部認容も含む)したのは17%だった。

裁判に持ち込まれる前に90%が何らかの決着をみている

 金光氏が紹介したデータは、提訴後の決着の仕方についてだった。これに対し、金光氏に先立ち登壇した日本大学の押田茂實氏は、自らが収集し分析したデータを基に、医事紛争の行方に言及した。

 それによると、医事紛争を100%とすると、裁判前に見舞金で解決しているのが40%、示談で解決しているが20%と見込まれるという。自然消滅が30%程度あるため、実に、裁判に持ち込まれる前に医事紛争の90%もが何からかの決着をみていることになる。

 見舞金と示談を合計すると、60%もが「お金」で解決していることになるわけだ。特に示談の中には、医療側に落ち度がないにも関わらず、「お金」で解決しているものが少なくないと予想される。医療ミスの有無を明らかにする前に、安易に「お金」で解決しているとしたら、今後も医事紛争は増えこそすれ減ることはないに違いない。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:457
  2. 抗菌薬関連下痢症の再発を防ぐ抗体医薬が登場 トレンド◎C. difficile産生トキシンBを捕捉して腸傷害を回避 FBシェア数:8
  3. 49歳男性。進行性の高次脳機能障害 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 比較読影はなぜ重要なのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  5. 心筋梗塞の25%は胸痛なしと知ってはいたが… 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:21
  6. 成長期のアスリートに多いスポーツ貧血って? あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:47
  7. 「雪かきして、だるい」も危険なサイン Cadetto Special●冬の救急 FBシェア数:3
  8. インフルエンザ脳症で1歳児が死亡、今シーズン初め… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:189
  9. 「入院難民」「在宅難民」が深刻な社会問題に 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《3》 FBシェア数:121
  10. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:7
医師と医学研究者におすすめの英文校正