2005.03.19

【日本循環器学会2005速報】 快晴の横浜に1万5000人が集う、第69回学術集会が始まる

 3月19日、快晴の横浜で、第69回日本循環器学会学術集会が開幕した。冠動脈疾患、心不全、高血圧などの疾患についての研究を軸に、2100題以上の一般演題のほか、特別講演、シンポジウム、プレナリーセッションなどが設けられている。会期は21日までの3日間。昨年実績を超える1万5000人余の参加が見込まれている。

 学会テーマは、「Joining Hearts: Collaborating with Medical Professionals To Serve Our Communities(心はひとつ!プロフェッショナルが手を携えて社会へ貢献)」。

 これは、「軸足を医学よりも医療にシフトさせた」という今大会の特徴をよく表している。会長が大学以外から選ばれたことと無縁ではない。

 会長を務める虎の門病院院長の山口徹氏(写真)は、あいさつの中で以下のように説明している。

 「基礎、臨床、予防医学の進歩を論ずるのみならず、コメディカルスタッフ、医療産業に従事する方々、さらには医療行政に関与する方々とも医学上あるいは医療、介護、ケア上の諸問題を論じ、心血管疾患や生活習慣病の根絶、国民の健康増進への貢献を強く意識した学術集会にしたいと考えた」。

 会場の外へ出ると雲ひとつない空が広がっていた。遠くには、まだ雪を頂く富士山の姿もくっきり見えていた。2万人以上の会員を抱える日本でも最大規模の学会の一つである日本循環器学会にとって、最高の開幕日となった。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54