2005.03.18

リラックス効果高めたチョコが誕生! GABAを含有、グリコが5月に発売 

 γ(ガンマ)アミノ酪酸(GABA=ギャバ)という成分を強化し、リラックス効果を期待できるチョコレートが登場する。江崎グリコが5月10日に全国発売を予定している「メンタルバランスチョコレート GABA」がそれ。静岡県立大学食品栄養科学部の横越英彦教授との共同研究を基に、同社が商品化した。

 GABAは人間の体内にも、動物や植物にも存在するアミノ酸の一種。人体内では、脳などの中枢神経系に多く存在し、神経伝達物質として働く。これまでの研究から、GABAを摂取すると、脳がリラックスして抗不安や抗ストレス作用があることがわかっている。

 GABAはチョコレートの原料であるカカオにも含まれている。よく、チェコレートを食べるとほっとするといわれるが、「このリラックス効果は、カカオに含まれるGABAによるもの」と横越教授。

 そこで同教授と江崎グリコは、20〜40代の8人の男性を対象に、1.GABA 70mg(チョコレートで25g)とGABA無配合(チョコレートで25g)の場合、2.GABA 28mg(同10g)とGABA無配合(同10g)の場合についての比較試験を行った。

 まず、だ液を採取した後、試料を摂取。15分後に、15分間の暗算テスト実施というストレスをかけた。その後、再びだ液を採取(摂取30分後)。同様に、摂取45分後から15分間の暗算テストを行い、60分後のだ液も採取した。

 ストレスが強いと、だ液中に含まれるクロモグラニンA(CgA)量が増える。だ液を分析したところ、GABAの量に関わらず、GABA入りチョコレートを食べた群は無配合群に比べて、摂取30分後も60分後もCgAが有意に減少していた。 このことから、GABAを少なくとも28mg以上含むチョコレートを食べれば、30分後からリラックス効果が出てくるといえる。

 江崎グリコ中央研究所の米谷俊所長は、「GABAのリラックス効果は、GABAの血中濃度が高い間だけ続くのか、血中濃度が一度上がるとスイッチのようなものが入って、血中濃度が下がってもしばらく続くのかは、まだわかっていない。しかし、少なくとも血中濃度が高まる2、3時間はこの効果は持続すると期待できる」と話す。

「メンタルバランスチョコレート GABA」は、1粒2.5gに7mgのGABAを含む。これは普通のチョコレートに含まれるGABA量の約25倍にあたる。

 値段は、20粒入りパウチタイプで158円程度、160粒入りの缶タイプで473円程度の予定。

 なお、GABAには血圧を正常化する作用や、血液中の中性脂肪やコレステロールの増加を抑制する作用などがある。ヤクルトの乳酸菌飲料「プレティオ」はGABAを含有することで、「血圧が高めの方に」というトクホ(特定保健用食品)表示をしている。

江崎グリコのプレスリリースはこちらで閲覧できる。(黒住紗織、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13