2005.03.17

自分で測ったデータ送ると医師のアドバイスが受けられる 東芝子会社が4月にネット健診サービスを開始

 東芝コンシューママーケティングは、インターネット経由で血圧データなどを送ると、医師のアドバイスを受けられるサービス「カラダのみはり番ネット」を4月1日に開始する。

 同社製の家庭用健康測定器具「カラダのみはり番」シリーズで測定した血圧、体組成、心電図などのデータをインターネット経由で契約している医師に送ると、そのデータに関する医師のレポートを3カ月に1度ずつ受け取れる。費用は入会金が3000円、月会費が2000円。医師からのレポートが無い月には、コンピューターによる自動解析のレポートが届けられる。さらに1回3000円の付加料金を払えば、インターネット上で医師と相談するサービスも受けられる。

 カラダのみはり番シリーズには、電子血圧計「SCS-P10R」、体水分量・内臓脂肪レベルをチェックする体組成測定器「SCS-F10R」、心電図記憶装置「SCS-H10R」のいずれかと、インターネットに接続するためのパソコン・インタフェース「SCS-AD10A」が必要になる。パソコンを持っていないユーザー向けに、「モバイルユニット」の有料レンタルも実施している。

 東芝コンシューママーケティングのホームページはこちら。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455