2005.03.17

自分で測ったデータ送ると医師のアドバイスが受けられる 東芝子会社が4月にネット健診サービスを開始

 東芝コンシューママーケティングは、インターネット経由で血圧データなどを送ると、医師のアドバイスを受けられるサービス「カラダのみはり番ネット」を4月1日に開始する。

 同社製の家庭用健康測定器具「カラダのみはり番」シリーズで測定した血圧、体組成、心電図などのデータをインターネット経由で契約している医師に送ると、そのデータに関する医師のレポートを3カ月に1度ずつ受け取れる。費用は入会金が3000円、月会費が2000円。医師からのレポートが無い月には、コンピューターによる自動解析のレポートが届けられる。さらに1回3000円の付加料金を払えば、インターネット上で医師と相談するサービスも受けられる。

 カラダのみはり番シリーズには、電子血圧計「SCS-P10R」、体水分量・内臓脂肪レベルをチェックする体組成測定器「SCS-F10R」、心電図記憶装置「SCS-H10R」のいずれかと、インターネットに接続するためのパソコン・インタフェース「SCS-AD10A」が必要になる。パソコンを持っていないユーザー向けに、「モバイルユニット」の有料レンタルも実施している。

 東芝コンシューママーケティングのホームページはこちら。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:290
  2. 傍観者 じたばたナース FBシェア数:27
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:487
  4. あなたの水晶体を守る防護眼鏡の選び方 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:59
  5. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 地域包括ケアは「囲い込み」から「連合」へ 記者の眼 FBシェア数:141
  7. インフルエンザ脳症、今季初の死亡例 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:257
  8. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:16
  9. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:429
  10. 片麻痺+ショックの答えはほぼ1つ カデット特集●救急Tips99 FBシェア数:0