2005.03.17

自分で測ったデータ送ると医師のアドバイスが受けられる 東芝子会社が4月にネット健診サービスを開始

 東芝コンシューママーケティングは、インターネット経由で血圧データなどを送ると、医師のアドバイスを受けられるサービス「カラダのみはり番ネット」を4月1日に開始する。

 同社製の家庭用健康測定器具「カラダのみはり番」シリーズで測定した血圧、体組成、心電図などのデータをインターネット経由で契約している医師に送ると、そのデータに関する医師のレポートを3カ月に1度ずつ受け取れる。費用は入会金が3000円、月会費が2000円。医師からのレポートが無い月には、コンピューターによる自動解析のレポートが届けられる。さらに1回3000円の付加料金を払えば、インターネット上で医師と相談するサービスも受けられる。

 カラダのみはり番シリーズには、電子血圧計「SCS-P10R」、体水分量・内臓脂肪レベルをチェックする体組成測定器「SCS-F10R」、心電図記憶装置「SCS-H10R」のいずれかと、インターネットに接続するためのパソコン・インタフェース「SCS-AD10A」が必要になる。パソコンを持っていないユーザー向けに、「モバイルユニット」の有料レンタルも実施している。

 東芝コンシューママーケティングのホームページはこちら。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146