2005.03.17

自分で測ったデータ送ると医師のアドバイスが受けられる 東芝子会社が4月にネット健診サービスを開始

 東芝コンシューママーケティングは、インターネット経由で血圧データなどを送ると、医師のアドバイスを受けられるサービス「カラダのみはり番ネット」を4月1日に開始する。

 同社製の家庭用健康測定器具「カラダのみはり番」シリーズで測定した血圧、体組成、心電図などのデータをインターネット経由で契約している医師に送ると、そのデータに関する医師のレポートを3カ月に1度ずつ受け取れる。費用は入会金が3000円、月会費が2000円。医師からのレポートが無い月には、コンピューターによる自動解析のレポートが届けられる。さらに1回3000円の付加料金を払えば、インターネット上で医師と相談するサービスも受けられる。

 カラダのみはり番シリーズには、電子血圧計「SCS-P10R」、体水分量・内臓脂肪レベルをチェックする体組成測定器「SCS-F10R」、心電図記憶装置「SCS-H10R」のいずれかと、インターネットに接続するためのパソコン・インタフェース「SCS-AD10A」が必要になる。パソコンを持っていないユーザー向けに、「モバイルユニット」の有料レンタルも実施している。

 東芝コンシューママーケティングのホームページはこちら。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172