2005.03.16

化学療法とbevacizumabの併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間が延長 学会発表前にNIHが公表

 進行期の非扁平非小細胞肺癌に対し、標準的な化学療法にbevacizumab(商品名:Avastin)を併用することで、生存期間が有意に延長することがわかった。これは、bevacizumab の製造元であるGenentech社(米カリフォルニア州South San Francisco)の率いる研究グループが、878人の患者を対象に行ったプラセボ対照無作為化臨床試験の結果、明らかになったもの。同試験の詳細は、5月13日から行われる米国臨床癌学会(ASCO)で発表する予定だが、それに先駆けて同試験のスポンサーである米国立衛生研究所(NIH)が3月14日、結果の一部を公表した。

 研究グループは、878人の進行期非扁平非小細胞肺癌の患者で、これまでに全身性化学療法を受けたことのない人を2群に分け、一方にはパクリタキセルとカルボプラチンによる化学療法にbevacizumabを併用し、もう一方には同じ化学療法とプラセボを投与した。

 両群の生存期間について比較したところ、プラセボ群の中央値は10.2カ月だったのに対し、bevacizumab群では12.5カ月と、有意に長かった。

 NIHの下部組織である米国立癌研究所(NCI)のAndrew C. von Eschenbach氏は、「この研究結果は、血管新生阻害薬を用いた病気のメカニズムに基づく介入が、癌治療のアウトカム改善に重要な役割を果たすことを示した」と評価した。Bevacizumabはモノクロナール抗体で、腫瘍の血管新生に関与する血管内皮増殖因子(VEGF)と結合するようにできているという。

 詳しくは、NIHのニュースリリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153