2005.03.15

【脳卒中領域の最新知見に関する調査】 どちらかと言えば軽視されているのは「リハビリテーションの体制整備」、57.8%でトップ

 MedWaveが2月に実施した「脳卒中領域の最新知見に関する調査」の結果を続報する。調査は、国際脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。2月3日から2月28日までに、MedWave登録医師135人から有効回答があった。

 調査では、「リハビリテーションの体制整備」「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」「救急隊員との連携」「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」「医療費の問題」「患者の意思の尊重」「医師、病理、放射線、看護などのチーム間のコミュニケーション」などを提示し、どちらかと言えば軽視されている点を挙げてもらった(複数回答)。
 
 その結果、「リハビリテーションの体制整備」が57.8%でトップ、これに「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」が51.1%で続いた(図)。この2項目が50%を超えていた。

 「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が34.1%で、3位につけているのが注目できる。



 昨年6月にも同様の調査を行っているが、その際も、今回の調査と同様に、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%ともっとも多く、「一般医師と専門医師間の情報交換や意思疎通」(55.4%)で続いていた(関連トピックス)。

 ただ、前回3位の「救急隊員との連携」は、今回は4位に後退。替わって、前回4位の「医師をはじめとする医療関係者の精神的なサポート」が3位になり、回答も27.7%から34.1%に増えているのが気にかかる。(三和護、医療局編集委員)

■ 関連トピックス ■
◆ 2004.8.4 脳卒中診療の将来に関するアンケート調査】No.4
どちらかと言えば軽視されている事項、「リハビリテーションの体制整備」が56.4%で1位

◆ 2005.3.4 脳卒中領域の最新知見に関する調査】最近目立ってきているのは「アテローム血栓性梗塞」
◆ 2005.3.10 脳卒中領域の最新知見に関する調査】「今後注目すべき病型」とその理由

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13