2005.03.15

ユヤマが開業支援を本格化、物件情報掲載の情報誌を創刊

 調剤機器製造・販売大手のユヤマは、診療所の開業支援に本格的に乗り出した。このほど、医療モールやクリニックビルの所有者と開業希望の勤務医を橋渡しするための地域医療支援情報誌を創刊し、関西圏の勤務医に開業物件の情報を提供していく。

 「Y’s Journal」という名前のこの情報誌は、A4版で創刊号は約7000部を発行。ユヤマの地域医療支援室内に事務局を置き、大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山に在住する勤務医の自宅に無料で郵送するのを原則とする。3月に創刊号を刊行し、年4回の発行を予定している。

 創刊号は16ページ建てで、うち10ページに関西圏の開業物件情報を掲載。掲載している物件は30近くに及ぶ。この4月以降にオープンするテナントビルに関する情報が約半分を占めている。掲載に当たっては、社内で審査の上優良物件に絞っているという。希望者には、物件についての詳細な資料や診療圏調査のデータを無料で送付する。

 掲載されている物件に関する問い合わせや広告掲載の申し込みは、ユヤマ地域医療支援室Y’s Journal事務局(電話:06-6332-2580、Eメール:ys@yuyama.co.jp)森氏宛て。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48