2005.03.15

ユヤマが開業支援を本格化、物件情報掲載の情報誌を創刊

 調剤機器製造・販売大手のユヤマは、診療所の開業支援に本格的に乗り出した。このほど、医療モールやクリニックビルの所有者と開業希望の勤務医を橋渡しするための地域医療支援情報誌を創刊し、関西圏の勤務医に開業物件の情報を提供していく。

 「Y’s Journal」という名前のこの情報誌は、A4版で創刊号は約7000部を発行。ユヤマの地域医療支援室内に事務局を置き、大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山に在住する勤務医の自宅に無料で郵送するのを原則とする。3月に創刊号を刊行し、年4回の発行を予定している。

 創刊号は16ページ建てで、うち10ページに関西圏の開業物件情報を掲載。掲載している物件は30近くに及ぶ。この4月以降にオープンするテナントビルに関する情報が約半分を占めている。掲載に当たっては、社内で審査の上優良物件に絞っているという。希望者には、物件についての詳細な資料や診療圏調査のデータを無料で送付する。

 掲載されている物件に関する問い合わせや広告掲載の申し込みは、ユヤマ地域医療支援室Y’s Journal事務局(電話:06-6332-2580、Eメール:ys@yuyama.co.jp)森氏宛て。(井上俊明、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256