2005.03.14

科研製薬、bFGFに関する全世界ライセンスを獲得

 科研製薬は3月14日、米Chiron社とbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)に関するライセンス契約を3月7日付けで締結したと発表した。同社は既に米Scios社から、日本およびアジアの一部におけるbFGFのライセンスを得ているが、今回の契約締結でChiron社がScios社から受けているその他の地域におけるサブライセンスを受けることで、全世界におけるbFGFの開発、販売および製造に関し、脳中枢領域を除く独占的な権利を取得した。

 科研製薬は、遺伝子組み換え技術により製造されたヒトbFGFを用いて、再生医療の医薬品としての研究開発を行っている。これらのbFGFに関するノウハウをもとに、海外のパートナーとも協力して、bFGFの国際的な展開を図るとしている。

 科研製薬のプレスリリースはこちらで手に入る。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:883
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:1
  4. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:204
  5. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:214
  6. 本当に怖い夜勤の話 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 検査結果を基に診断を考えるな! 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:12
  8. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:238
  9. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  10. 典型画像が見えない敵、膵炎を除外するな! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:25