2005.03.14

科研製薬、bFGFに関する全世界ライセンスを獲得

 科研製薬は3月14日、米Chiron社とbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)に関するライセンス契約を3月7日付けで締結したと発表した。同社は既に米Scios社から、日本およびアジアの一部におけるbFGFのライセンスを得ているが、今回の契約締結でChiron社がScios社から受けているその他の地域におけるサブライセンスを受けることで、全世界におけるbFGFの開発、販売および製造に関し、脳中枢領域を除く独占的な権利を取得した。

 科研製薬は、遺伝子組み換え技術により製造されたヒトbFGFを用いて、再生医療の医薬品としての研究開発を行っている。これらのbFGFに関するノウハウをもとに、海外のパートナーとも協力して、bFGFの国際的な展開を図るとしている。

 科研製薬のプレスリリースはこちらで手に入る。(田村嘉麿)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146