2005.03.11

【第29回 九州リウマチ学会速報】 画像上、脳梗塞と見分けがつかなかったCNSループス

 画像上は脳梗塞と見分けがつかない中枢神経性(CNS)ループスに対し、ステロイドとシクロフォスファミドのパルス療法が効果を発揮した症例について、山口赤十字病院内科の井上久子氏が3月5日の一般口演で報告した。

 全身性エリテマトージス(SLE)と診断され、ステロイド服用を始めていた30歳代の女性に発熱と意識障害があり、精査目的で入院した。SLEの活動性亢進と脳波の軽度異常からCNSループスと診断し、ステロイドパルス療法を開始したところ、痙攣が起こった。

 ステロイドパルス療法後も意識障害と発熱が続いたため、MRIを施行したところ、画像上は脳梗塞様の症状だったが、脳梗塞を起こす背景もなかったため、浮腫に対する治療を実施した。

 その後、左の上肢不全麻痺とループス網膜炎に伴う視力障害を起こしたため、ステロイドパルス療法に加えて、免疫抑制剤であるシクロフォスファミドの点滴(IV-CY)パルス療法を追加したところ、2週間後には麻痺、視力低下とも軽快し、解熱した。梗塞様の病変については痕跡を残さずに軽快した。

 井上氏は、「CNSループスのMRI所見としては、1.比較的大きい領域を含む梗塞巣、2.多発性の小梗塞巣、3.灰白質を中心とする高信号変化があるとされる。本症例でもよく見ると灰白質を中心として変化があり、白質は保たれていた」と言う。

 また、「画像は梗塞様であり、放射線部や神経内科も脳梗塞以外には考えにくいとの診断だったが、限局的な浮腫を見ていたと考え、CNSループスに対する治療を継続した」としている。CNSループスはSLEの併発症としては比較的多く、治療に当たっては脳血管障害などとの鑑別が重要になる。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132