2005.03.11

仮面高血圧に処方されたARB

 日経ドラッグインフォメーション2005年3月号から、「服薬指導―1」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 大手商社に勤める58歳の男性Kさんが、内科診療所を受診した帰り道に薬局を訪れました。病状を確認すると、Kさんは次のような質問をしました。

 長年、飲酒や喫煙を繰り返してきたので、生活習慣病が気になり、先日、試しに家内が使っている家庭用の血圧計で測ってみたら、上の血圧が170もありました。時間帯を変えて何度か測っても170以下になりませんでした。ですが今日、先生に測ってもらったところ、130くらいしかないのです。少し前の職場健診で蛋白尿が出たことがあり、それを先生に話すと、仮面高血圧の疑いがあると言われました。でも先生が測った血圧の方が正確だと思うので、薬を飲まなくてもいいのではないですか。

■処方せん
(1)ミカルディス 20mg 1錠
  1日1回 就寝前服用 28日分

Q 仮面高血圧に関する説明として、誤っているものは次のうちどれか。
(1) 仮面高血圧とは、診察室で測定した血圧は正常範囲なのに、家庭で測定すると高血圧になってしまうことをいう。
(2) 仮面高血圧が起きるのは、家庭用血圧計の精度による部分が大きい。
(3) 仮面高血圧は、一般の高血圧症ほど心血管障害のリスクが高くない。
(4) 仮面高血圧は、喫煙者やハードワーカー、ストレスを感じやすい人に多い。

 答えは本誌2005年3月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  2. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. オペ時の血糖はやはり7%まで下げるべき? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:85
  4. 21歳女性、突然の腹痛の原因は心臓にあった! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:35
  5. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:31
  6. 潰瘍性大腸炎に初の体外診断薬、その実力は? リポート◎再燃の早期発見に威力、内視鏡検査の頻度を減らす効果も FBシェア数:7
  7. 自分の家で、この子を抱きしめて川の字で寝たい 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:128
  8. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:180
  9. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  10. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:503