2005.03.08

【MedWaveクイズ:個人情報保護法】 「家族から病状の説明を求められたら」の回答

 「MedWaveクイズ:個人情報保護法」の回答です。第2回は「家族から病状の説明を求められたら」でした(質問はこちらから)。

****************************

家族から病状の説明を求められたら、あなたはどうしますか

****************************

回答】
A 「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」によると、家族に対して病状を説明する場合は、「本人の同意を得ることが望ましい」と定めています。

 ガイドラインでは、患者の病状を説明すること自体は、個人情報保護法が定める情報の利用目的に合っていると考えられるとしています。ただし、手続きとして、「あらかじめ病状の説明をする対象を本人に確認し、本人の同意を得ることが望ましい」という努力規定を盛り込んでいます。

 病状を説明する対象としては、本人から申し出が合った場合は、治療などに支障が生じない限り、「患者の世話をしている親族およびこれに準ずる者を説明の対象に加えたり、家族の特定の人に限定する」などの対応ができるとも定めています。

 ただ、質問で取り上げた事例のように、重体でも意識がはっきりしている患者の場合はこれでいいのですが、意識不明の患者や重度の痴呆性の高齢者などの場合は、本人の同意を得ずに家族らに病状を説明できるとしています。この場合はもちろん、本人の家族であることの確認は必須です。

 また、本人の意識が回復した場合は、説明した内容とだれに説明したのかなどを本人に話すことも求めています。その上で、本人から申し出があった場合には、病状を説明する家族らの対象を変更するなどの対応をとることを求めています。

 最後に、「患者の判断能力に疑義がある場合」についてですが、意識不明の患者と同じように対応することと定めています。
(まとめ;三和護、医療局編集委員)

*次回クイズは今週の木曜日に掲載する予定です。
**「MedWaveクイズ:個人情報保護法」で取り上げるべき事例がありましたら、 medwave@nikkeibp.co.jp あるいは miwa@nikkeibp.co.jp へご連絡ください。

■ 参考図書 ■
・医療機関のための個人情報保護対応マニュアル(詳しくはこちら
・50の医療事故・判例の教訓(詳しくはこちら

====
お知らせ
====
 MedWaveではこの4月、有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学2005」を開講します。ご興味のある方は以下の画面をご覧ください。
http://medical.nikkeibp.co.jp/MED/masaka/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130