2005.03.03

【脳卒中領域の最新知見に関する調査】 最近目立ってきているのは「アテローム血栓性梗塞」

 MedWaveが2月に実施した「脳卒中領域の最新知見に関する調査」の結果を報告する。調査は、国際脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。2月3日から2月28日までに、MedWave登録医師135人が調査に協力した(ご協力いただいた方々にはこの場を借りて感謝の意を表します。ありがとうございました)。

 調査ではまず、「日常診療で遭遇する機会がもっとも多い病型」を一つだけ挙げてもらった。その結果、もっとも多かったのは、「ラクナ梗塞」で47.4%が回答した。次に多かったのは「一過性脳虚血発作」で20.7%が挙げた。これに「アテローム血栓性梗塞」が17.0%で続いた(図1)。



 これを踏まえて、「最近目立ってきている病型」を一つだけ挙げてもらったところ、日本人に多いといわれる「ラクナ梗塞」が1位で、28.1%の人が回答した。2位は「アテローム血栓性梗塞」で、25.9%と肉薄していた。「アテローム血栓性梗塞」については、食生活の欧米化などで今後、日本でも増加するとみられているが、医療現場で既にその兆候がうかがえた(図2)。



 なお、3位は「心原性脳梗塞」(17.0%)、4位は「一過性脳虚血発作」(14.1%)だった。

 調査では「今後注目すべき病型」も挙げてもらったが、そこでも「アテローム血栓性梗塞」が1位で、49.6%の人が回答していた(複数回答、図3)。2位は「心原性脳梗塞」(38.5%)、3位は「ラクナ梗塞」(36.3%)だった。



 なお、「今後注目すべき病型」の質問では、なぜ注目すべきなのか、その理由も尋ねている。次回は、寄せられた回答者のコメントを紹介したい。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132