2005.03.03

【脳卒中領域の最新知見に関する調査】 最近目立ってきているのは「アテローム血栓性梗塞」

 MedWaveが2月に実施した「脳卒中領域の最新知見に関する調査」の結果を報告する。調査は、国際脳卒中会議の速報サイトを開設したのに伴い実施した。2月3日から2月28日までに、MedWave登録医師135人が調査に協力した(ご協力いただいた方々にはこの場を借りて感謝の意を表します。ありがとうございました)。

 調査ではまず、「日常診療で遭遇する機会がもっとも多い病型」を一つだけ挙げてもらった。その結果、もっとも多かったのは、「ラクナ梗塞」で47.4%が回答した。次に多かったのは「一過性脳虚血発作」で20.7%が挙げた。これに「アテローム血栓性梗塞」が17.0%で続いた(図1)。



 これを踏まえて、「最近目立ってきている病型」を一つだけ挙げてもらったところ、日本人に多いといわれる「ラクナ梗塞」が1位で、28.1%の人が回答した。2位は「アテローム血栓性梗塞」で、25.9%と肉薄していた。「アテローム血栓性梗塞」については、食生活の欧米化などで今後、日本でも増加するとみられているが、医療現場で既にその兆候がうかがえた(図2)。



 なお、3位は「心原性脳梗塞」(17.0%)、4位は「一過性脳虚血発作」(14.1%)だった。

 調査では「今後注目すべき病型」も挙げてもらったが、そこでも「アテローム血栓性梗塞」が1位で、49.6%の人が回答していた(複数回答、図3)。2位は「心原性脳梗塞」(38.5%)、3位は「ラクナ梗塞」(36.3%)だった。



 なお、「今後注目すべき病型」の質問では、なぜ注目すべきなのか、その理由も尋ねている。次回は、寄せられた回答者のコメントを紹介したい。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43