2005.03.03

人工心肺用ポンプ「ヨストラロータフローコンソール」で自主改修

 東京都は3月2日、都内の医療用具輸入販売業者から人工心肺用ポンプの自主改修を開始するとの報告があったと発表した。

 自主改修となったのは、マッケ・ゲティンゲが輸入販売した人工心肺用ポンプ「ヨストラロータフローコンソール」。手術中に数分間停止するという不具合が国内で1例報告されたため、同社は、同様の不具合発生の可能性が否定できないと判断し、自主改修に踏み切ったもの。

 なお、不具合の報告例では、医療機関の適切な措置により手術は無事終了し、健康被害はなかったという。

 改修対象は73台。輸入先製造業者は、1998〜2002年は、ドイツのマッケ・カーディオパルモナリー社、2002年以降は、スウェーデンのマッケ・クリティカルケア社。納入施設数は、「一部の納入先については現在調査中」となっている。

 改修分類は、適切な対応が取られない場合は、重篤な健康被害が生じるおそれがある「クラス1」。
 
 東京都の発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466