2005.03.03

福井県難病支援センター、3月10日に小児慢性特定疾患で相談会、ピアカウンセリングも

 福井県難病支援センターは3月10日、「小児慢性特定疾患」をテーマに専門医らによる相談会を開催する。県内の小児慢性特定疾患の患児やその家族が対象で、患者らが抱える問題について個別に相談に応じる。県の事業として毎月1回、実施している。

 相談会の前には、福井県難病患者団体連絡協議会と連携したピアカウンセリングも実施する。同じ病気で療養中の患者らが集い、互いに情報を交換しながら交流を深めるもの。今回のテーマは「小児慢性特定疾患」。

 ピアカウンセリングは昨年6月にスタートし、月2回の頻度で開催している。3月は10日に小児慢性特定疾患、17日に膠原病と、それぞれのテーマで開催する。

 なお、小児慢性特定疾患には、悪性新生物(癌)、慢性腎疾患、ぜんそく、慢性心疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、慢性血液疾患、神経・筋疾患などが含まれる。

 定例会、ピアカウンセリングとも参加費は無料。ただし、参加には予約が必要となる。問い合わせは、福井県難病支援センター(TEL:0776-54-5151、内線2585、または、TEL:0776-52-1135)まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:737
  3. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:13
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  5. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:57
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  7. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:106
  8. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:513
  9. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161
  10. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:130