2005.03.02

【解説】医事関係訴訟の新規件数、年間1000件目前に

 医療関係の訴訟は年々増加している。最高裁判所のデータによると、2003年の新規件数は987件で年間1000件時代が目前に迫っている状況だ(図)。

 その一方で、何らかの決着がついた件数(既済)は増えており、平均審理期間も27.7月とこの10年余りで初めて30時間を切った。最高裁が進めていた「医事関係訴訟委員会」の設置などの改革が成果を生み出している証といえそうだ。医事関係訴訟委員会は、2001年7月に設置された機関で、鑑定人候補者を選定したり、各界の有識者に医事紛争事件について様々な意見を出してもらうことなどを目的としている。医学界および法曹界の有識者と一般の有識者から構成されている。

 医事関係訴訟のデータをもう少し詳しく見ていきたい。診療科目別に新規件数を見た場合、もっとも多いのは「内科」で258件だった(以下の図。複数にまたがる事件ではそれぞれの科目に計上されている)。次に多いが「外科」で214件。「産婦人科」が137件で3位になっている。2001年から2003年の3年間で見ると、「歯科」が49件から70件に急増しているのが目に付く。



 各年の総数に占める割合でみると、「内科」は25%前後で推移し、「外科」は21%に下がってきている(下図)。(三和護、医療局編集委員)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正