2005.03.01

東北地域情報通信ネットワーク連携協議会が医療情報化セミナー開催

 東北地域情報通信ネットワーク連携協議会は3月25日、医療現場における情報化の現状と課題について考える「医療情報化セミナー」を開催する。

 国立国際医療センター医療情報システム開発研究部長の秋山昌範氏が「医療情報化の現状と課題(仮題)」のテーマで基調講演を行うほか、東北大学大学院医学系研究科講師の根本建二氏が「遠隔放射線治療支援システムの構築について」、東北大学電気通信研究所助教授の菅沼拓夫氏が「地域医療におけるセキュアな無線ネットワークシステムについて」のそれぞれテーマで活動事例を発表する。参加費は無料で、定員が100人。

 開催日時は、2005年3月25日(金)午後1時半〜4時。場所は、ハーネル仙台3階「蔵王」(仙台市青葉区本町2-12-7、TEL:022-222-1121)。

 申し込み・問い合わせ先は、東北地域情報通信ネットワーク連携協議会 事務局(宮城県企画部情報政策課内、担当:川村、〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1、TEL:022-211-2471、FAX:022-211-2495)。(三和護、医療局編集委員)


*主催者の都合などで日程やプログラムが変更される場合があります。必ず事前に主催者に確認の上、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16