2005.03.01

東北地域情報通信ネットワーク連携協議会が医療情報化セミナー開催

 東北地域情報通信ネットワーク連携協議会は3月25日、医療現場における情報化の現状と課題について考える「医療情報化セミナー」を開催する。

 国立国際医療センター医療情報システム開発研究部長の秋山昌範氏が「医療情報化の現状と課題(仮題)」のテーマで基調講演を行うほか、東北大学大学院医学系研究科講師の根本建二氏が「遠隔放射線治療支援システムの構築について」、東北大学電気通信研究所助教授の菅沼拓夫氏が「地域医療におけるセキュアな無線ネットワークシステムについて」のそれぞれテーマで活動事例を発表する。参加費は無料で、定員が100人。

 開催日時は、2005年3月25日(金)午後1時半〜4時。場所は、ハーネル仙台3階「蔵王」(仙台市青葉区本町2-12-7、TEL:022-222-1121)。

 申し込み・問い合わせ先は、東北地域情報通信ネットワーク連携協議会 事務局(宮城県企画部情報政策課内、担当:川村、〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1、TEL:022-211-2471、FAX:022-211-2495)。(三和護、医療局編集委員)


*主催者の都合などで日程やプログラムが変更される場合があります。必ず事前に主催者に確認の上、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザ脳症で30代患者死亡、今季2例目 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:276
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:230
  4. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:145
  5. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:237
  6. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:155
  7. 「人生の最終段階に関するGL」改訂へ 3月末までの改訂予定で、厚労省がたたき台を提示 FBシェア数:2
  8. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:21
  9. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:22
  10. サイトメガロウイルスのDNA検査薬が保険収載 新生児の尿で検査可能、既存の抗体薬に比べて高感度 FBシェア数:4
医師と医学研究者におすすめの英文校正