2005.02.27

小児の急性中耳炎に対する処方の適否

 日経ドラッグインフォメーション2005年2月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6歳の男の子Y君が、総合病院の小児科を受診した後に、お母さんと一緒に薬局を訪れました。病状を確認すると、お母さんは次のように話しました。

 ただのかぜだと思って寝かしていたら、昨夜から耳が痛いと言い出したので受診しました。先生から、かぜから中耳炎を起こしたと言われました。

◆処方せん
(1)エリスロシンドライシロップ10% 4g
  1日2回 朝夕食後 5日分
(2)ペリアクチンシロップ 12mL
  アスペリンシロップ 9mL
  ムコダインシロップ5% 12mL
  レフトーゼシロップ 8mL
  1日3回 毎食後 5日分
(3)眼・耳科用リンデロンA液 5mL
  1日2回 適量を患耳に点耳

Q1Y君に対する上記の処方にはどのような問題があるか。

Q2疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年2月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 超高層老人ホーム、救命はどうなる? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:171
  2. 50歳女性。左下腿に生じた皮膚潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 繰り返す難治性めまいでは「首」を疑え リポート◎現代のライフスタイルで発症しやすい頸性めまい FBシェア数:516
  4. 「25分」のカンファレンス準備時間が「0分」に リポート◎京大病院が進めるICT業務効率化(2) FBシェア数:143
  5. COPD患者が骨粗鬆症を発症しやすい理由 トレンド◎COPDがII期になるとき骨密度が同時に低下 FBシェア数:140
  6. 「こんな自分でも4月から救急医になれますか」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. アルブミンはギラン・バレー症候群の予測因子 JAMA Neurology誌から FBシェア数:130
  8. 「検査で異常がないので、帰していいですよね」 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:159
  9. 透明化迫られる病医院の関連法人、取引実態が閲覧可… 記者リポート FBシェア数:45
  10. 「型」から入れ! 疼痛への病歴聴取が基本の型 石山貴章の「イチロー型医師になろう!」 FBシェア数:124