2005.02.27

小児の急性中耳炎に対する処方の適否

 日経ドラッグインフォメーション2005年2月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6歳の男の子Y君が、総合病院の小児科を受診した後に、お母さんと一緒に薬局を訪れました。病状を確認すると、お母さんは次のように話しました。

 ただのかぜだと思って寝かしていたら、昨夜から耳が痛いと言い出したので受診しました。先生から、かぜから中耳炎を起こしたと言われました。

◆処方せん
(1)エリスロシンドライシロップ10% 4g
  1日2回 朝夕食後 5日分
(2)ペリアクチンシロップ 12mL
  アスペリンシロップ 9mL
  ムコダインシロップ5% 12mL
  レフトーゼシロップ 8mL
  1日3回 毎食後 5日分
(3)眼・耳科用リンデロンA液 5mL
  1日2回 適量を患耳に点耳

Q1Y君に対する上記の処方にはどのような問題があるか。

Q2疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年2月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、市中病院人気が再び加速 【2017年度】フルマッチ校は11校、東京医科歯科大は5年連続 FBシェア数:211
  2. ベルソムラは就寝前に飲んじゃダメ!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:109
  3. 国内初の『慢性便秘症診療GL』の特徴は? 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:107
  4. ベンゾジアゼピンの処方は市中肺炎のリスク Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:140
  5. 「病院⇒介護医療院」の転換、10万床規模にも 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  6. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:19
  7. 外科医は短気だから短期トレードで損を出す? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  8. 高齢でもピロリ除菌を行うべきもう1つの理由 リポート◎ピロリ除菌の目的は胃癌発症抑制と潰瘍予防だけじゃない! FBシェア数:48
  9. 動脈硬化は朝食をとらない人に多い J Am Coll Cardiol誌から FBシェア数:168
  10. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:67