2005.02.27

小児の急性中耳炎に対する処方の適否

 日経ドラッグインフォメーション2005年2月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6歳の男の子Y君が、総合病院の小児科を受診した後に、お母さんと一緒に薬局を訪れました。病状を確認すると、お母さんは次のように話しました。

 ただのかぜだと思って寝かしていたら、昨夜から耳が痛いと言い出したので受診しました。先生から、かぜから中耳炎を起こしたと言われました。

◆処方せん
(1)エリスロシンドライシロップ10% 4g
  1日2回 朝夕食後 5日分
(2)ペリアクチンシロップ 12mL
  アスペリンシロップ 9mL
  ムコダインシロップ5% 12mL
  レフトーゼシロップ 8mL
  1日3回 毎食後 5日分
(3)眼・耳科用リンデロンA液 5mL
  1日2回 適量を患耳に点耳

Q1Y君に対する上記の処方にはどのような問題があるか。

Q2疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年2月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:7
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:12
  3. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:7
  4. 今年の大学医学部入試の問題から(その2) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:12
  5. 画像診断報告書の確認漏れが起こる理由 リポート◎指摘の見落とし、連携不足、多忙など改善点は多く FBシェア数:222
  6. 山形県の麻疹感染で3次感染例を確認、研修医も感染 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:174
  7. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:432
  8. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  9. 日本人NVAFのための脳梗塞リスクスコア開発 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:109
  10. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1976