2005.02.27

小児の急性中耳炎に対する処方の適否

 日経ドラッグインフォメーション2005年2月号から、「疑義照会」を紹介します。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

6歳の男の子Y君が、総合病院の小児科を受診した後に、お母さんと一緒に薬局を訪れました。病状を確認すると、お母さんは次のように話しました。

 ただのかぜだと思って寝かしていたら、昨夜から耳が痛いと言い出したので受診しました。先生から、かぜから中耳炎を起こしたと言われました。

◆処方せん
(1)エリスロシンドライシロップ10% 4g
  1日2回 朝夕食後 5日分
(2)ペリアクチンシロップ 12mL
  アスペリンシロップ 9mL
  ムコダインシロップ5% 12mL
  レフトーゼシロップ 8mL
  1日3回 毎食後 5日分
(3)眼・耳科用リンデロンA液 5mL
  1日2回 適量を患耳に点耳

Q1Y君に対する上記の処方にはどのような問題があるか。

Q2疑義照会では、具体的にどのような提案をすべきか。

 答えは本誌2005年2月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 矛盾抱えた「患者申出療養」はどこへ行く? リポート◎治験でも先進医療でもない第3の混合診療 FBシェア数:34
  2. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  3. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:133
  4. 大型マンション近くでも埋まらない医療モール その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:1
  5. どうやって個人型確定拠出年金で節税するの? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:3
  6. 急性肺塞栓除外のための新臨床ルールの提案 Lancet誌から FBシェア数:241
  7. 北大病院がインドの病院と国際協定を結んだワケ リポート◎脳神経外科を中心に技術交流をスタート FBシェア数:47
  8. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:611
  9. オーナーが倒産寸前! 危ない物件の見分け方 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  10. 70歳代男性。便潜血反応陽性 日経メディクイズ●内視鏡 FBシェア数:0