2005.02.22

日清サイエンス、たんぱく質と塩分控えめの腎臓病患者向けカップそばを発売

 日清サイエンスは、東洋水産と共同開発した腎臓病患者向けのカップ入り即席そば「レナケアー たんぱく調整 カップ入りそば」を2月25日に発売する。

 たんぱく質、塩分、リン、カリウムを減らし、十分なエネルギーを確保した。1食分あたりのたんぱく質は2.9g、塩分は1.9g、エネルギーは302kcalで、一般向けの製品に比べ、たんぱく質は半分以下、塩分も半分に抑えている(表)。腎臓病食では味などに制約が多いが、かつおだしを使い、かやくにはあげ玉、かまぼこ、ねぎを加えるなど、風味にも配慮した。希望小売価格は160円。

プレスリリースはこちら(田村嘉麿)





栄養成分表(1食63.7グラムあたり)
エネルギー(kcal)水分(g)たんぱく質(g)脂質(g)炭水化物(g)ナトリウム(mg)カリウム(mg)カルシウム(mg)リン(mg)食物繊維(g)食塩相当量(g)
3021.62.912.744.074984136643.21.9


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:324
  2. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1071
  3. 映画を通じて麻酔科医の仕事をより理解してほしい 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:26
  4. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:448
  5. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:62
  6. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:36
  7. 新薬の「14日間ルール」見直し求める トレンド(DIオンライン) FBシェア数:82
  8. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:81
  9. BPSDには非薬物療法が最良の選択肢なのか? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:88
  10. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:94