2005.02.18

高齢化に関する論説 食の楽しみ・8020運動

 高齢問題をさまざまな世代の人と議論し解決策を見つけようとする「方円の器」の主宰者である江上尚志氏から論説が届きました。今回のテーマは、「高齢化に関する論説 食の楽しみ・8020運動」です。以下に紹介します。

************************************

 「あなたは自分の歯を何本残していますか」と聞かれるとウッと詰まる人がいる。突然質問されたためだけではない。60歳以上になった私は親知らずは2本ともないが、犬歯に対応する下の歯も失って義歯になっている。高齢者の歯の本数をインターネットで検索すると「高齢者の食事とケアプラン」と題する拙文が2番目に出てくる。まだまだ高齢者の「歯の問題」まで関心が高まっていないのかもしれない。介護保険の制度見直しで健康体操などを取り入れるらしいが「歯の問題」はもっと優先順位が高いはずである。

 インターネットで検索した東京都葛飾区保健所の「8020運動」の文章を紹介しよう。「これは、80歳で20本の歯を残そうというものです。80歳で20本の歯があれば、しっかり食べられて健康的な生活を送ることができると言われています。また、高齢になっても、残っている歯がたくさんある人のほうが寝たきりになることも少なく、行動的に過ごせるというデータもあります。そして、お口の中に歯がほとんど残っていないと、食事もおいしくたべられませんね。おいしく食べて、いきいきと過ごすには歯は大事です」。

 続いて驚くべきことが紹介されている。「噛むことは唾液をいっぱいだしてガンの予防になるという研究発表もありますし、噛むことが脳の活性化につながり痴呆の予防にも役立つことが注目されてきています」。つまり、噛むことができなくなるとガンに冒されやすく痴呆(認知症)にもなりやすいと言わんばかりの内容である。確かに咀嚼能力が落ちると口の中が臭くなるばかりでなく、唾液の抗菌作用も失われていくようである。なんとしても美味しく食べてもらいたいという周囲の努力は実は非常に重要なことなのである。

詳しくはこちらへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:910
  2. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  3. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:128
  4. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:84
  5. どの株を持っているか?それは教えられません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  6. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:223
  7. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  8. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  9. 金沢市で麻疹集団感染、風邪と診断されていた陽性者… パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:323
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14