2005.02.18

高齢化に関する論説 食の楽しみ・8020運動

 高齢問題をさまざまな世代の人と議論し解決策を見つけようとする「方円の器」の主宰者である江上尚志氏から論説が届きました。今回のテーマは、「高齢化に関する論説 食の楽しみ・8020運動」です。以下に紹介します。

************************************

 「あなたは自分の歯を何本残していますか」と聞かれるとウッと詰まる人がいる。突然質問されたためだけではない。60歳以上になった私は親知らずは2本ともないが、犬歯に対応する下の歯も失って義歯になっている。高齢者の歯の本数をインターネットで検索すると「高齢者の食事とケアプラン」と題する拙文が2番目に出てくる。まだまだ高齢者の「歯の問題」まで関心が高まっていないのかもしれない。介護保険の制度見直しで健康体操などを取り入れるらしいが「歯の問題」はもっと優先順位が高いはずである。

 インターネットで検索した東京都葛飾区保健所の「8020運動」の文章を紹介しよう。「これは、80歳で20本の歯を残そうというものです。80歳で20本の歯があれば、しっかり食べられて健康的な生活を送ることができると言われています。また、高齢になっても、残っている歯がたくさんある人のほうが寝たきりになることも少なく、行動的に過ごせるというデータもあります。そして、お口の中に歯がほとんど残っていないと、食事もおいしくたべられませんね。おいしく食べて、いきいきと過ごすには歯は大事です」。

 続いて驚くべきことが紹介されている。「噛むことは唾液をいっぱいだしてガンの予防になるという研究発表もありますし、噛むことが脳の活性化につながり痴呆の予防にも役立つことが注目されてきています」。つまり、噛むことができなくなるとガンに冒されやすく痴呆(認知症)にもなりやすいと言わんばかりの内容である。確かに咀嚼能力が落ちると口の中が臭くなるばかりでなく、唾液の抗菌作用も失われていくようである。なんとしても美味しく食べてもらいたいという周囲の努力は実は非常に重要なことなのである。

詳しくはこちらへ

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55