2005.02.15

ビジネスチャンスをつかめ!、2005年度激変7領域−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 2005年は次世代を牽引するバイオ製品実用化の年。研究開発と事業の間にそびえる壁を乗り越えれば、そこには新しい市場が待っている。再生医療、ファーマコジェノミクス、機能性食品、バイオマスエネルギー、新会社制度、ケミカルジェノミクス、組み換え作物 −−。ビジネスチャンスが生まれるのはこの領域だ。

 日経バイオビジネス3月号では、「ビジネスチャンスをつかめ!、2005年度激変7領域」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

トレンド
 遺伝子解析が導く新標的
 活気づく育毛剤市場

 混合診療解禁で先端医療の普及に期待
 保険導入のスピード化なるか

 遺伝子拡散防止技術ターミネーターは死なず
 次世代GMOの覇権を握るための鍵

 トチュウ植林地が巨大天然ゴム工場に?
 今こそ期待される化学・加工メーカーの役割

 消費者は、実はGMを「よく知らない」
 そして、「知りたいと思っている」

 メディビック経営トップに聞く
 業績大幅修正の理由、投資事業の方針

 国交省が下水汚泥をバイオマス利用するプロジェクト開始
 下水汚泥に生ゴミ加えて発電効率アップ

キーパーソンインタビュー
 住友製薬ゲノム科学研究所所長・金岡昌治氏
 ゲノム創薬の標的探索は終了、焦点はファーマコジェノミクスに

 詳しくは、日経バイオビジネス3月号(2月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153