2005.02.15

ビジネスチャンスをつかめ!、2005年度激変7領域−−日経バイオビジネスの特集

最新号表紙画像 2005年は次世代を牽引するバイオ製品実用化の年。研究開発と事業の間にそびえる壁を乗り越えれば、そこには新しい市場が待っている。再生医療、ファーマコジェノミクス、機能性食品、バイオマスエネルギー、新会社制度、ケミカルジェノミクス、組み換え作物 −−。ビジネスチャンスが生まれるのはこの領域だ。

 日経バイオビジネス3月号では、「ビジネスチャンスをつかめ!、2005年度激変7領域」について特集しています。このほかの主な内容は以下の通り。

トレンド
 遺伝子解析が導く新標的
 活気づく育毛剤市場

 混合診療解禁で先端医療の普及に期待
 保険導入のスピード化なるか

 遺伝子拡散防止技術ターミネーターは死なず
 次世代GMOの覇権を握るための鍵

 トチュウ植林地が巨大天然ゴム工場に?
 今こそ期待される化学・加工メーカーの役割

 消費者は、実はGMを「よく知らない」
 そして、「知りたいと思っている」

 メディビック経営トップに聞く
 業績大幅修正の理由、投資事業の方針

 国交省が下水汚泥をバイオマス利用するプロジェクト開始
 下水汚泥に生ゴミ加えて発電効率アップ

キーパーソンインタビュー
 住友製薬ゲノム科学研究所所長・金岡昌治氏
 ゲノム創薬の標的探索は終了、焦点はファーマコジェノミクスに

 詳しくは、日経バイオビジネス3月号(2月15日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:45
  2. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:49
  3. 死亡診断「肺炎」の7割が直接の死因は衰弱や老衰 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:119
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  5. 高齢者肺炎の嚥下機能を簡単に評価できるスケール開… 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:143
  6. 「施設」ってこんなに種類があるの!? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:50
  7. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:6
  8. 3点だけ押さえたい、新研修医・ナースへの接し方 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:6
  9. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:30
  10. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1