2005.02.15

第4回国際消化器内視鏡セミナー、2月11日〜12日に横浜で開催

 新横浜プリンスホテルで、2月11日と12日の2日間、第4回国際消化器内視鏡セミナー「横浜ライブ2005」が開催された。代表世話人は昭和大学横浜市北部病院消化器センター長の工藤進英氏。参加者は事前登録者のみで400人を超え、当日参加者も含めると500人を超える人々が集まった(写真)。

 同セミナーは「横浜ライブ」の名にふさわしく、上部・下部内視鏡の挿入から、染色や拡大内視鏡を用いた診断、内視鏡的粘膜切除術(EMR)や内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)など、数多くの症例のライブデモンストレーションが呈示されるのが最大の特徴。2日間で25例が実施された。デモンストレーションは昭和大学横浜市北部病院で行われ、新横浜プリンスホテルに実況中継された。

 演者としては、ダブルバルーン内視鏡の開発者である自治医科大学消化器内科部門講師の山本博徳氏や、フックナイフの開発者である佐久総合病院胃腸科部長の小山恒男氏、フレックスナイフの開発者である東京大学消化器内科の矢作直久氏など、著名なメンバーが顔をそろえた。海外からも、前米国内視鏡学会会長のChristopher Gostout氏をはじめとするベテラン医師3人が招聘され、高度な手技を披露した。(小又理恵子)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正