2005.02.14

【編集委員の視点】 HIV感染・患者の1000件台突入と懸念される性感染症の増加

 1月26日に発表されたエイズ動向委員会による年間報告(速報)によると、2004年の1年間に新たに報告されたHIV感染者・エイズ患者は合計で1114件となり、初めて1000件台に突入した(関連トピックス)。それも、じわじわ右肩上がりで増えてきた上での1000件突破だった点に注目すべきだ。これは、日本でのHIV感染のコントロールが必ずしもうまくいっていない証左となる。

 対策は急を要する。性感染症の患者数が増加傾向にあり、HIV感染の土壌が広がりを見せているからだ。

 性感染症(STD)サーベイランスによると、STD患者報告総数は1993年にはおよそ3万3000件に落ち着いていた。しかし、その後1995年まで減少傾向は続いたが、1996〜1997年は再び増加傾向に転じているのだ。

 また、たとえば性器クラミジア感染症では、男性の24歳以下で漸次増加傾向にある。患者年齢のピークは1996年までは25〜29歳であったが、1997年には20〜24歳に移行している。一方、女性では39歳以下で1995年にわずかに減少していたが、1996年からは再び増加傾向にある。患者年齢のピークは20〜24歳で、この年齢層以下では男性患者発生数を上回っていた。

 性感染症の増加だけでなく、その患者年齢のピークが低年齢化しているのも気がかりだ。若い世代を中心に、性感染症、特にHIV感染に対する関心が薄れていないか、今一度見直してみなければなるまい。(え)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.2.2 エイズを見直す】「年間新規報告数が1000件を超える」の衝撃度

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161