2005.02.10

厚労省、アルコール問題についてのシンポジウムを3月2日に東京で開催

 厚生労働省は3月2日に「アルコール問題を考える」と題したシンポジウムを東京・南青山で開催する。未成年者の飲酒を主題として健康への影響や対処方法を紹介し、アルコール問題への取り組みを呼びかける。参加は無料だが申し込みが必要。開催概要は次のとおり。

日時:2005年3月2日 13時〜16時30分
場所:はあといん乃木坂健保会館 フルール
プログラムの概要:
 アルコールの健康影響に関する最新知見について 岡崎勲氏(東海大学医学部)
 健康日本21の現状と課題について 樋口進氏(久里浜アルコール症センター)
 未成年者のアルコール問題について 和田清氏(国立精神・神経センター)
 酒類販売業等に関する懇談会の取りまとめについて 亀井慶承氏(国税庁)
 飲酒対策の実例報告 田所溢丕氏(日本断酒連盟)

 参加申し込みの方法などは厚生労働省のこちらのWebページを参照。(中沢真也)


*開催日時や講演の内容などは事情により変更されることがあります。必ず主催者の提供情報をご確認のうえ、お出かけください。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180