2005.02.10

神奈川県が花粉症に対する緊急アピールを発表

 神奈川県衛生部は2月8日、花粉症に対する緊急アピールを発表した。県内のスギ花粉の飛散量が昨年の約15倍と観測史上最大規模となることが予想されるため、花粉症の重症化あるいは新たな発症の危険性が高まっているとし、必要があれば早期に医療機関を受診するなどの対策をとるよう呼びかけている。神奈川県にスギ花粉前線が到来するのは、2月10日から2月20日ごろと予想されている。
   
 アピールでは、「花粉をつけない、吸わないようにしましょう!」「花粉症予防のため、生活の工夫をしましょう!」「花粉症になったら、早めに治療を受けましょう!」と強調。効果的な予防策として、「『マスク』や『メガネ』の着用」「玄関口での『服たたき』(花粉の払い落とし)」「『洗顔』や『うがい』の励行」などを挙げている。

 また「一口メモ」も用意し、マスクの着用や眼鏡の着用、生活上の注意、治療法などの項目ごとに、ポイントを整理している。

 発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256