2005.02.10

神奈川県が花粉症に対する緊急アピールを発表

 神奈川県衛生部は2月8日、花粉症に対する緊急アピールを発表した。県内のスギ花粉の飛散量が昨年の約15倍と観測史上最大規模となることが予想されるため、花粉症の重症化あるいは新たな発症の危険性が高まっているとし、必要があれば早期に医療機関を受診するなどの対策をとるよう呼びかけている。神奈川県にスギ花粉前線が到来するのは、2月10日から2月20日ごろと予想されている。
   
 アピールでは、「花粉をつけない、吸わないようにしましょう!」「花粉症予防のため、生活の工夫をしましょう!」「花粉症になったら、早めに治療を受けましょう!」と強調。効果的な予防策として、「『マスク』や『メガネ』の着用」「玄関口での『服たたき』(花粉の払い落とし)」「『洗顔』や『うがい』の励行」などを挙げている。

 また「一口メモ」も用意し、マスクの着用や眼鏡の着用、生活上の注意、治療法などの項目ごとに、ポイントを整理している。

 発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2