2005.02.10

神奈川県が花粉症に対する緊急アピールを発表

 神奈川県衛生部は2月8日、花粉症に対する緊急アピールを発表した。県内のスギ花粉の飛散量が昨年の約15倍と観測史上最大規模となることが予想されるため、花粉症の重症化あるいは新たな発症の危険性が高まっているとし、必要があれば早期に医療機関を受診するなどの対策をとるよう呼びかけている。神奈川県にスギ花粉前線が到来するのは、2月10日から2月20日ごろと予想されている。
   
 アピールでは、「花粉をつけない、吸わないようにしましょう!」「花粉症予防のため、生活の工夫をしましょう!」「花粉症になったら、早めに治療を受けましょう!」と強調。効果的な予防策として、「『マスク』や『メガネ』の着用」「玄関口での『服たたき』(花粉の払い落とし)」「『洗顔』や『うがい』の励行」などを挙げている。

 また「一口メモ」も用意し、マスクの着用や眼鏡の着用、生活上の注意、治療法などの項目ごとに、ポイントを整理している。

 発表資料はこちら。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:11
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:470
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:568
  5. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:127
  6. 野菜食べてる? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:83
  7. 難治性慢性咳嗽にボツリヌスが効く!? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:52
  8. 広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:27
  9. 金属に対する生体吸収ステントの優位性示せず Lancet誌から FBシェア数:94
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:132