2005.02.09

EBMが遺したもの−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 1990年代後半から盛り上がったわが国の“EBMブーム”が、臨床医の間に根付かないまま去ろうとしている。本来、EBMが目指すものは、患者が何を求めているかを把握した上で、医師の持つ経験をもとに、最新の知識と技術を生かして、最適の解決策を見出すことだった。しかし、わが国では、精神論や技術論が先行、臨床現場の実情を十分認識しない啓発が続いた。「卒業時の知識に拘泥せず、今の医療を常に確認せよ」というEBMのメッセージは、遺っているのだろうか。

 日経メディカル2月号では、「EBMが遺したもの」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

インタビュー
 地域医療振興協会地域医療研修センター長・名郷直樹氏
 収束しつつあるEBMブームを考える
 若い医師には「一生勉強」根付く

トレンドビュー
・目前のHIV感染を見逃すな
・インフルエンザ脳症の診断基準が明らかに
・普及始まる家庭用心電計を診療に生かす
・人任せは危ない廃棄物処理
・“混合診療”に一応の決着
・英国医師会雑誌の論文選びはココが違う

 詳しくは、日経メディカル2月号(2月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急