2005.02.09

EBMが遺したもの−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 1990年代後半から盛り上がったわが国の“EBMブーム”が、臨床医の間に根付かないまま去ろうとしている。本来、EBMが目指すものは、患者が何を求めているかを把握した上で、医師の持つ経験をもとに、最新の知識と技術を生かして、最適の解決策を見出すことだった。しかし、わが国では、精神論や技術論が先行、臨床現場の実情を十分認識しない啓発が続いた。「卒業時の知識に拘泥せず、今の医療を常に確認せよ」というEBMのメッセージは、遺っているのだろうか。

 日経メディカル2月号では、「EBMが遺したもの」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

インタビュー
 地域医療振興協会地域医療研修センター長・名郷直樹氏
 収束しつつあるEBMブームを考える
 若い医師には「一生勉強」根付く

トレンドビュー
・目前のHIV感染を見逃すな
・インフルエンザ脳症の診断基準が明らかに
・普及始まる家庭用心電計を診療に生かす
・人任せは危ない廃棄物処理
・“混合診療”に一応の決着
・英国医師会雑誌の論文選びはココが違う

 詳しくは、日経メディカル2月号(2月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:53
  2. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  3. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:22
  4. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:287
  5. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  6. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:90
  7. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:244
  8. 地域医療連携推進法人の運用ガイドライン決まる 制度の内容がほぼ確定、4月2日にも第1号認可か FBシェア数:8
  9. 昨年11月時点の7対1病床、半年間で6105床減 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:8
  10. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385