2005.02.09

EBMが遺したもの−−日経メディカルの特集

最新号表紙画像 1990年代後半から盛り上がったわが国の“EBMブーム”が、臨床医の間に根付かないまま去ろうとしている。本来、EBMが目指すものは、患者が何を求めているかを把握した上で、医師の持つ経験をもとに、最新の知識と技術を生かして、最適の解決策を見出すことだった。しかし、わが国では、精神論や技術論が先行、臨床現場の実情を十分認識しない啓発が続いた。「卒業時の知識に拘泥せず、今の医療を常に確認せよ」というEBMのメッセージは、遺っているのだろうか。

 日経メディカル2月号では、「EBMが遺したもの」について特集しています。このほかの主な内容は下記の通り。

インタビュー
 地域医療振興協会地域医療研修センター長・名郷直樹氏
 収束しつつあるEBMブームを考える
 若い医師には「一生勉強」根付く

トレンドビュー
・目前のHIV感染を見逃すな
・インフルエンザ脳症の診断基準が明らかに
・普及始まる家庭用心電計を診療に生かす
・人任せは危ない廃棄物処理
・“混合診療”に一応の決着
・英国医師会雑誌の論文選びはココが違う

 詳しくは、日経メディカル2月号(2月10日発売)のトレンドビューをお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正