2005.02.09

COX2阻害薬rofecoxib服用で心筋梗塞発症リスクが24%増 11万4000人のデータで明らかに

 選択的COX2阻害薬ロフェコキシブ(商品名:Vioxx)を服用していた人は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)を全く服用していなかった人に比べ、心筋梗塞の発症リスクが24%増加することが明らかになった。カナダMcGill大学のLinda E. Levesque氏が1999〜2002年に、いずれかのNSAIDを服用した高齢者11万3927人について実施した後ろ向きコホート研究の結果で、Annals of Internal Medicine誌2005年4月5日号への掲載に先駆け、オンライン上で公表した。なお、ロフェコキシブの製造元である米Merck社は2004年9月、心血管疾患イベントリスクを増加させる可能性があるとしてロフェコキシブの自主回収を決めている。

 被験者の平均年齢は75.2歳、平均の追跡期間は2.4年、心筋梗塞の病歴はなかった。追跡期間中、初めての心筋梗塞で入院した人は2844人、そのうち561人が死亡している。

 NSAIDの服用と心筋梗塞発症リスクについて調べたところ、発症時にロフェコキシブを服用していた人は、最低1年間NSAIDを服用していなかった人に比べ、同リスクが1.24(95%信頼区間:1.05〜1.46)倍と有意に増えることがわかった。特にロフェコキシブを1日25mgを超えて服用していた人では、同リスクは1.73(同:1.09〜2.76)倍と有意に高かった。

 一方、選択的COX2阻害薬のセレコキシブや、その他のNSAIDのナプロキセン、メロキシカムでは、リスクの増加は見られなかった。

 本論文の原題は、「The Risk for Myocardial Infarction with Cyclooxygenase-2 Inhibitors: A Population Study of Elderly Adults」。現在、全文をこちら で閲覧できる。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.1.31 COX2阻害剤の使用は冠動脈疾患患者の増加を招いた

◆ 2005.2.7 「セレコキシブは心血管系イベントをプラセボの3倍以上増加させる」
米消費者団体がFDAに解析結果を提出、承認取り消しも請願



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256