2005.02.09

COX2阻害薬rofecoxib服用で心筋梗塞発症リスクが24%増 11万4000人のデータで明らかに

 選択的COX2阻害薬ロフェコキシブ(商品名:Vioxx)を服用していた人は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)を全く服用していなかった人に比べ、心筋梗塞の発症リスクが24%増加することが明らかになった。カナダMcGill大学のLinda E. Levesque氏が1999〜2002年に、いずれかのNSAIDを服用した高齢者11万3927人について実施した後ろ向きコホート研究の結果で、Annals of Internal Medicine誌2005年4月5日号への掲載に先駆け、オンライン上で公表した。なお、ロフェコキシブの製造元である米Merck社は2004年9月、心血管疾患イベントリスクを増加させる可能性があるとしてロフェコキシブの自主回収を決めている。

 被験者の平均年齢は75.2歳、平均の追跡期間は2.4年、心筋梗塞の病歴はなかった。追跡期間中、初めての心筋梗塞で入院した人は2844人、そのうち561人が死亡している。

 NSAIDの服用と心筋梗塞発症リスクについて調べたところ、発症時にロフェコキシブを服用していた人は、最低1年間NSAIDを服用していなかった人に比べ、同リスクが1.24(95%信頼区間:1.05〜1.46)倍と有意に増えることがわかった。特にロフェコキシブを1日25mgを超えて服用していた人では、同リスクは1.73(同:1.09〜2.76)倍と有意に高かった。

 一方、選択的COX2阻害薬のセレコキシブや、その他のNSAIDのナプロキセン、メロキシカムでは、リスクの増加は見られなかった。

 本論文の原題は、「The Risk for Myocardial Infarction with Cyclooxygenase-2 Inhibitors: A Population Study of Elderly Adults」。現在、全文をこちら で閲覧できる。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

■ 関連トピックス ■
◆ 2005.1.31 COX2阻害剤の使用は冠動脈疾患患者の増加を招いた

◆ 2005.2.7 「セレコキシブは心血管系イベントをプラセボの3倍以上増加させる」
米消費者団体がFDAに解析結果を提出、承認取り消しも請願



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19