2005.02.08

CDC、非職業上のHIV暴露後予防(nPEP)にHAARTの適用を推奨

 米国疾病対策センター(CDC)はこのほど、性交、薬物注射、外傷などによりHIVに曝露された可能性のある人には、72時間以内に強力な多剤併用療法(HAART)を開始し、28日間継続するよう推奨する指針を発表した。

 CDCは、動物実験や周産期母子感染予防を目的とする臨床試験、医療従事者の感染事故対策に関する研究、観察研究などの結果、曝露直後の抗レトロウイルス薬投与がHIVの感染率を下げることが明らかになったこと、また、サルのモデルを使った実験で、感染を予防あるいは進行を阻止する機会は、曝露後短期間に限られることが示されたことを受け、今回の指針を作成した。

 推奨されるHAARTは、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤のエファビレンツと、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤ラミブジンまたはエムトリシタビン、およびジドブジンまたはテノフォビル、そしてジソプロキシルを組合わせる方法と、蛋白質分解酵素阻害剤のロピナビルとリトナビルの配合剤「Kaletra」と、ラミブジンまたはエムトリシタビン、およびジドブジンを組合わせる方法のいずれかだ。エファビレンツは、妊娠している女性と出産可能年齢の女性は禁忌となっている。

 指針は、HIV陽性が判明している対象者から曝露を受け、感染リスクが大きい人が、曝露後72時間以内に受診した場合に、治療を推奨する。対象者がHIV陽性がどうか明らかではないが、感染リスクが高い人が72時間以内に受診した場合には、治療は推奨されないが、医師が個別に判断し、必要なら治療を行うよう求めてる。前提として、全てのケースで、抗ウイルス治療の危険と利益の評価が求められる。また、実際に感染リスクが高いと判断できない例と、72時間以内に受診しなかった例には、治療を勧めていない。

 副作用を考えると、28日間の服用継続は容易ではない。レイプの被害者は精神的なストレスも強いはずだ。しかし、治療の成功と、耐性株の出現回避のためには、指示通りの服用が必要だ。CDCは、個々に十分なカウンセリングを行うよう医師に求めている。さらに、安全なセックスとハイリスク行為を避けることの重要性を説き、再発防止を図るよう求めている。

 指針のタイトルは「Antiretroviral Postexposure Prophylaxis After Sexual,Injection-Drug Use, or Other Nonoccupational Exposure to HIV in the United States」、全文がCDCのウェブサイトで閲覧できる。(大西淳子、医学ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1641
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:160
  3. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:106
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:61
  6. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  7. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:183
  8. こう見えて医局制度肯定派の筆者が語る「居場所」論 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:10
  9. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:168
  10. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:48