2005.02.06

【国際脳卒中会議2005速報】 視野欠損伴う片頭痛がある女性は脳卒中リスクが7割増し

 片頭痛には、頭痛の直前などにきらきらした光が見えたり、視野が欠けたりする「前兆(オーラ)注」を伴う場合がある。このタイプの片頭痛の発症者は脳梗塞のリスクが高いことが既に報告されているが、前兆として視野の一部が欠ける症状がある場合には、脳梗塞を発症するリスクが特に高く、片頭痛を発症していない人の1.7倍にのぼることが新たに分かった。2月3日のポスターセッションで発表したUniversity of MarylandのLeah MacCLellan氏らが報告した。

 MacClellan氏らは、メリーランド州のボルティモアとワシントンDCを含む地域における脳梗塞の発症者386人と、年齢、人種構成などを合わせた対照群614人の計1000人の女性を対象にした人口ベースの症例対照研究を実施した。

 その結果、片頭痛がない群と比較した脳卒中発症のオッズ比は、高血圧、糖尿病、喫煙、経口避妊薬使用で調整した場合、前兆なしの片頭痛群では0.94で有意差は見られなかったが、前兆ありの群では1.59(CI:1.17-2.16)と多かった。なかでも、視野欠損を伴う前兆ありの群では1.70(CI:1.11-2.60)で、片頭痛がない群に対する脳卒中のリスクが7割増しであることが分かった。視野欠損を伴わない前兆ありの群はオッズ比が1.23だったが有意差はなかった。

 本研究のリーダーである米疾病対策センター(CDC)のWayne Giles氏は、前兆を伴う片頭痛がある場合、脳卒中リスクを高める要因、とりわけ喫煙には注意すべきだという。また、経口避妊薬についても、よく医師と相談し、利点とリスクを秤にかけてから使うべきだと警告している。

 なお、北里大学教授の坂井文彦氏らの大規模疫学調査によると、日本人の片頭痛有病率は8.4%、内訳は前兆を伴う片頭痛が2.6%、前兆を伴わない片頭痛が5.8%となっている。男女比は1:3.6で、女性の有病率は13.0%と多い。一般に欧米人の方が片頭痛の有病率は高く、Giles氏によれば、米国人女性の片頭痛有症者は約17%、前兆ありの片頭痛はその3割に当たる5%だという。(中沢真也)


*注) 前兆を伴う片頭痛を国際分類ではmigraine with auraと呼ぶ。「aura」は霊的な後光を意味する「オーラ」と同じ語だが、国内の頭痛専門家は「アウラ」と発音することもある。前兆はほとんどは視覚的な症状だが、手指のしびれ感なども含まれる。本研究では視覚的症状だけを調査している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:362
  2. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1049
  3. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:202
  5. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:111
  6. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:427
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:363
  8. 致死的な重症呼吸不全を救う人工肺「ECMO」 トレンド◎インフルエンザによる肺炎の救命率向上も FBシェア数:486
  9. 降圧治療で本当に120mmHgを目指しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:6
  10. 死ぬレベルの疑義照会 vs 帰りたい患者 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:256