2005.02.06

【国際脳卒中会議2005速報】 脳梗塞発作後の救急センター到着、米都市で3分の2が8時間超

 米国の大都市シンシナティにおいて、脳梗塞の発作後、救急医療機関到着までの所要時間を調査した初の人口ベースの研究の結果、3時間以内の到着はわずか20%に過ぎず、実に3分の2(66%)の症例が8時間以上(または経過時間不明)かかっていたことが明らかになった。2月3日のポスターセッションで米University of CincinnatiのDawn Kleinedorfer氏らが発表した。

 研究グループは、オハイオ州シンシナティ市と周辺地域の全人口を対象とし、19カ所の救急病院に脳梗塞の発作で搬送された地域住民の発作から救急施設到着までの経過時間を集計した。調査は1993年7月〜1994年6月と1999年1年間の2回実施した。

 1993〜1994年に脳梗塞発作で搬送された症例は2308人、1999年には2452人だった。1993〜1994年の調査では、発作後3時間以内に到着したのは18%に過ぎず、71%が発作後8時間以上経過してから到着した。この成績は1999年の調査でも3時間以内が20%、8時間以上が66%で、わずかに改善したに過ぎない。

 脳梗塞の急性期治療法であるrt-PA(遺伝子組換え型組織プラズミノーゲン・アクチベーター)による血栓融解療法の登場で、脳梗塞の転帰を改善することが可能になったが、この治療は発作後3時間以内に実施する必要があるとされ、救急医療機関への迅速な搬送が不可欠となる。

 Kleinedorfer氏らは、「rt-PAによる血栓溶解療法の導入後、様々な一般向けの啓蒙が実施されたが5年半経過後も改善はほとんど見られなかった」としている。本学会でもrt-PA治療における有効時間の延長を模索する研究成果の報告が盛んに行われているが、発作後3〜8時間で到着した症例は1999年時点でわずか8%に過ぎず、せっかくの有効時間延長の取り組みが現場で生かせない可能性が高い。Kleinedorfer氏らは、「今後、こうした啓蒙活動の有効性についての研究が必要」と指摘していた。(中沢真也)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27