2005.02.06

【国際脳卒中会議2005速報】 2005年のトーマス・ウィリス賞は、Vladimir Hachinski氏に

 2005年のトーマス・ウィリス賞は、世界脳卒中会議の前期会長であるWestern Ontario大学のVladimir Hachinski氏(写真)が受賞した。国際脳卒中会議の5つの賞でもっとも権威の高いもので、脳卒中研究に多大な貢献をした人物に贈られる。

 同氏の貢献は数限りなくここでは書ききれないが、最近では、世界脳卒中会議会長として6月24日を「世界脳卒中の日(World Stroke Day)」と定めたことが挙げられる。開発途上国の人口高齢化に伴い脳卒中患者が世界的に増加しつつあることに、人々の目を向けさせた。

 また、昨年開かれた世界脳卒中会議では「Stroke Global Solution」というセッションを設け、アフリカをはじめとする各国各地域の実態解明とその情報の共有に尽力し、「全地球的な視点での脳卒中対策」を早急に打ち立てるよう訴えた。

 同氏は2月3日、トーマス・ウィリス賞記念講演に臨んだが、そのテーマはやはり「Stroke Global Solution」だった。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051