2005.02.06

【国際脳卒中会議2005速報】 2005年のトーマス・ウィリス賞は、Vladimir Hachinski氏に

 2005年のトーマス・ウィリス賞は、世界脳卒中会議の前期会長であるWestern Ontario大学のVladimir Hachinski氏(写真)が受賞した。国際脳卒中会議の5つの賞でもっとも権威の高いもので、脳卒中研究に多大な貢献をした人物に贈られる。

 同氏の貢献は数限りなくここでは書ききれないが、最近では、世界脳卒中会議会長として6月24日を「世界脳卒中の日(World Stroke Day)」と定めたことが挙げられる。開発途上国の人口高齢化に伴い脳卒中患者が世界的に増加しつつあることに、人々の目を向けさせた。

 また、昨年開かれた世界脳卒中会議では「Stroke Global Solution」というセッションを設け、アフリカをはじめとする各国各地域の実態解明とその情報の共有に尽力し、「全地球的な視点での脳卒中対策」を早急に打ち立てるよう訴えた。

 同氏は2月3日、トーマス・ウィリス賞記念講演に臨んだが、そのテーマはやはり「Stroke Global Solution」だった。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 上腕に埋め込まれた「避妊の棒」を抜き取るには 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:104
  2. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:411
  5. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1757
  6. 80歳男性。右胸部に再発を繰り返す結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  7. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:314
  8. 新専門医制度の来年導入に反対、1560人の署名を… 医師を中心にネットで集まり、厚生労働大臣に提出 FBシェア数:65
  9. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:7