2005.02.05

【国際脳卒中会議2005速報】 急性虚血性脳卒中に対する局所的表面冷却法に、脳の損傷を最小限に抑える可能性

 脳卒中に対する低体温療法の応用が進んでいる。様々な療法が試みられている中、急性虚血性脳卒中に対する局所的表面冷却法に、脳の損傷を最小限に抑える可能性があることが報告された。国立循環器病センターの武信洋平氏(写真)らが2月3日、ポスターセッションで発表した。

 軽度の低体温には、虚血に対する脳保護効果があることが知られている。これまで、虚血中の脳温が常温より2、3度低下するだけで神経細胞死が抑えられたことが動物実験で確認されている。研究チームは独自の冷却ヘルメット型器具を考案、急性虚血性脳卒中の患者を対象に頭と首だけを冷やす局所的表面冷却法を開発し、治療法の有効性の実証に取り組んできた。その成果は昨年の国際脳卒中会議で発表したが、今回は脳の保護効果を解析した。

 対象は、急性虚血性脳卒中の患者24人(男性14人、女性10人、年齢中央値は73歳)。すべての症例で、発症後12時間以内にCTで確認した虚血範囲は中大脳動脈領域の半分以上に及んでいた。

 ヘルメット型器具(頭部と首)と冷却剤を循環させる装置には、Mac-Eight社のMC-3000を利用した。

 冷却装置は、発作後の6時間 (中央値) で取付けた。ヘルメット温度は、96時間 (中央値) 5度に維持し、その後48時間 (中央値) は元に戻した。

 急性期 (中央値6日) に確認された最大浮腫量(MEV) と慢性期(中央値33日)における梗塞量 (FIV) は、 それぞれCTで測定した。

 治療群とコントロール群で、脳の膨張指数 ( MEV/FIV−1) を比較し、治療効果を評価した。コントロール群は、年齢で調整した同様の大きな虚血性脳卒中患者14人。

 その結果、MEVは、コントロール群 (175±52cm3) に対し低体温療法群 (155±76cm3)で、治療群の方が比較的小さかった。一方、 FIVは、低体温療法群(122±63cm3) とコントロール群 (122±37cm3) で同程度だった。脳の膨張指数は、コントロール群(0.44±0.17) に対し、低体温療法群は (0.30±0.27) と有意に小さかった(p=0.035)。

 冷却方法は、全身を冷やす方が効果的とされる。しかし、脳だけでなく体全体を冷やす方法は、全身麻酔が前提で呼吸や血圧の管理も必要なため集中治療室(ICU)が必須となる。その点、局所的表面冷却法は、全身麻酔を必要としないので、一般病院への普及も期待できよう。(三和護、医療局編集委員)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217